ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.3.19

渡邉、意地の18番 これが世界基準

<Photo:Chung Sung-Jun/Getty Images>

Tポイントレディス ゴルフトーナメント 鹿児島高牧カントリークラブ(鹿児島県)最終日

 昨年とは違い、5打差をつけられ完敗。渡邉彩香は、「絵理香さんはボギーを打たない。それから、ショートゲームがとても上手。ナイスプレーでした」としながらも、2年連続2位に終わった悔しさは変わらない。中でも、悔やんだのは、1番で1メートルのバーディーパットを外したことだった。「あれが決まっていたら、流れが違っていたかもしれない。スタートホールでああいうことをしているようでは、勝てません」。

 確かに付け入るスキがなし。それでも、渡邉は18番でギャラリーをわかせた。「風がフォローだったし、1Wでは池へ飛び込む。でも、3Wで刻むのは、おもしろくない」ということで、1Wで隣接するホールからの裏ルートで攻める。女子ツアーでは、まずお目にかかれない果敢な攻略。残念ながらバーディー奪取はならなかったが、これぞ渡邉の世界基準である。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ