プロテスト
PRO-TEST

プロゴルファーへの道イメージ

概要

当協会では年1回プロテストを実施しています。 プロフェッショナルとしてゴルフに対する 充分な技術そして理解と知識、それ以上に立派な社会人として通用する人材を育成するため、第1次予選の段階からルール・マナーについても重点的に指導しています。

  • 3~4月
    第1次予選
    上位者
  • 5月
    第2次予選
    上位者
  • 7月
    最終プロテスト
    合格者
  • 7月
    入会

実施要項

当協会では年1回プロテストを実施しています。プロフェッショナルとしてゴルフに対する充分な技術そして理解と知識、それ以上に立派な社会人として通用する人材を育成するため、第1次予選の段階からルール・マナーについても重点的に指導しています。

開く

1. プロテスト第1次予選

受験資格

最終プロテスト開催年度4月1日時点で、満18歳以上の女子(出生時)で、以下の①~③の中から合計2名の推薦がある者(ただし、推薦人2名のうち1名は、LPGA会員(以下の①又は②の者をいう。以下、本項において同じ。)でなければならない。)

  1. LPGA在籍5年以上のプロフェッショナル会員
  2. LPGA在籍5年以上のティーチングプロフェッショナル会員(A級)
  3. 全日本ゴルフ練習場連盟に加盟している練習場の責任者
  1. LPGA会員の推薦人は、2011年度8月以前の入会者とする。(インターナショナルプロフェッショナル会員は含まれません。)
  2. ティーチングプロフェッショナル会員(A級)の者が受験する場合、上記①~③の推薦は不要とする。
  3. 申込時の推薦は、取り下げられない限り、当該年度最終プロテスト終了時まで有効とする。
競技方法

3日間54ホールストロークプレー

  1. 但し、悪天候またはその他の理由により、54ホール消化できなければ18ホールで競技成立とするが、期間中に18ホール消化できなかった場合は、別途日程を定め競技の成立を図る。
  2. 指定練習日に実施予定の「ルール・マナー等の講習」の出席を義務付けとする。講習に出席しない場合、原則としてプロテスト第1次予選出場を認めないものとする。
通過基準

各地区の成績上位者をプロテスト第1次予選通過者とする。通過人数については会場にて通知する。

プロテスト第1次予選免除対象者

以下の①から⑤のいずれかを満たす者

  1. LPGAステップ・アップ・ツアー優勝者
  2. 2016年度最終プロテスト出場者
  3. 2017年度TPD単年登録者
  4. 過去3年間(2014年~2016年)において、以下のaからcのいずれかに該当する者
    1. a.日本女子オープンのローアマチュア
    2. b.日本女子アマチュア選手権の優勝者
    3. c.日本女子学生選手権の優勝者
  5. 上記の他、LPGAが承認した者
  1. 上記①については、2016年度プロテスト第1次予選終了後から2017年度プロテスト第1次予選開催週の前週の日曜日(2017年3月26日)までに優勝した者に限るものとする。
  2. 上記④については複数年資格保持者のプロテスト第1次予選免除は1度限りとする。
  3. 上記②〜④の免除申請は原則としてプロテスト第1次予選申し込み受付期間内に行わなければならないものとする。

2. プロテスト第2次予選

受験資格

「プロテスト第1次予選 受験資格」を満たす者のうち、以下の①又は②のいずれかを満たす者

  1. 2017年度プロテスト第1次予選通過者
  2. 2017年度プロテスト第1次予選免除者
競技方法

6日間108ホールストロークプレー(3日間54ホールストロークプレーを2回)とし、ストロークをポイント換算し、成績順位を決定する。

  1. 但し、悪天候またはその他の理由により108ホール消化出来ない場合は、54ホールで競技成立とする。
  2. 競技成立は54ホールとするが、72ホールまたは90ホール消化できた場合はその合計ポイントを適用する。
  3. 期間中54ホール消化できなかった場合は、以下の方法により順位を決定する。
    1. 直近のラウンドのスコア
    2. その前のラウンドのスコア
    3. 直近のラウンドの18番からのカウントバック
  4. 各地区の①会場の指定練習日に実施予定の「ルール・マナー等の講習」の出席を義務付けとする。同講習に出席しない場合、原則としてプロテスト第2次予選出場を認めないものとする。
通過基準

18ホール72ストローク(パープレー)を15ポイントと換算し、1ストローク1ポイントとして、順位を決定する。各会場54ホール216ストロークを45ポイントとする。各地区の①会場と②会場の、成績の合計ポイント上位者で、かつルールテストに合格した者に2017年度最終プロテスト受験資格を与える。

ルールテスト

各地区の合計ポイント上位者は、競技終了後にルールテストを受験する。ルールテストは30問出題し、21問以上の正解者に2017年度最終プロテスト受験資格を付与する。追試は1回のみ実施し、追試に合格しない場合、2017年度最終プロテストの受験を認めないものとする。

  1. 事前配布問題から抜粋された15問、新規問題15問、計30問の出題とする。
  2. プロテスト第2次予選免除対象者は、ルールテスト実施日(②会場の最終日)に希望会場にて受験しなければならない。ルールテスト実施日以降に免除対象となった者は別途日程を定める。
プロテスト第2次予選免除対象者

以下の①から⑦のいずれかを満たす者。

  1. 2017年度LPGAステップ・アップ・ツアー優勝者
  2. 2016年度LPGAツアー賞金ランキング上位50名の者(2017年賞金シード選手)
  3. 2016年度日本女子オープンのローアマチュア
  4. 2016年度日本女子アマチュア選手権の優勝者
  5. 2016年度日本女子学生選手権の優勝者
  6. 2017年度日本女子アマチュア選手権の優勝者
  7. 上記の他にLPGAが承認した者
  1. ①については、2017年度LPGA最終プロテストの前週までの優勝者を該当者とする。
  2. ②~⑤の免除申請は原則としてプロテスト第2次予選申込締切日までに行うものとし、免除対象者は事前にLPGA事務局に申し出なければならない。
  3. ⑥については、2017年度最終プロテストの第1日目の4週間前の日曜日までに競技(2017年度日本女子アマチュア選手権)が終了していることを条件とし、プロテスト第2次予選免除は一度限りとする。
  4. ⑥に該当する者で、2017年度最終プロテストを受験する意思がある場合、2017年度最終プロテスト申込締切日までにLPGA事務局に申し出なければならない。

3. 最終プロテスト

受験資格

「プロテスト第1次予選 受験資格」を満たす者のうち、以下の①又は②のいずれかを満たす者

  1. 2017年度プロテスト第2次予選通過者
  2. 2017年度プロテスト第2次予選免除者
競技方法

4日間72ホールストロークプレー

第3ラウンド(54ホール)終了時点で、①80位タイまでの者、または、②20位に8打差までの者のうちいずれか人数の多い方を第4ラウンドへの出場有資格者とする。72ホールを終了できなかった場合は予備日を使用する。また、予備日を使用してもなお72ホールを終了できなかった場合は競技を短縮する。本競技は”54ホール終了”をもって成立する。

合格基準

第4ラウンド(72ホール)終了時点でスコア上位より第20位タイまでの者を合格者とする。

その他

最終プロテスト合格者第1位の者には、最終プロテストが終了した日の翌週よりその年度内のLPGAツアー競技(但し、LPGAツアーチャンピオンシップ、日本女子オープン、特別公認競技は除く)への出場資格を与える。第1位が複数名の場合、優先順位を下記の通りとし、出場権利者は1名とする。

  1. ⅰ)最終ラウンドのスコア
  2. ⅱ)第3ラウンドのスコア
  3. ⅲ)第2ラウンドのスコア
  4. ⅳ)最終ラウンドの18番ホールからのカウントバック

申込

2017年度 プロテストの参加申込受付は終了しました。

2016年より、受験申込方法を変更しました。
実施要項をご一読のうえ、申込書の提出とインターネットでのエントリーを行なってください。

2016年11月9日(水)10:00より申込受付を開始します

  • ※ LPGAマイページのアカウントをお持ちの方は、マイページから受験申込を行なってください。
  • ※ プロテスト受験以外の目的でのユーザー登録はご遠慮ください。
  • ※ ユーザー登録から一定期間内に受験申込が行われない場合、アカウントを削除させていただきます。

関連ニュース過去の関連ニュースはこちら

2016.7.30 プロテスト
日本女子プロゴルフ協会入会式を挙行 21名の会員が誕生
7月30日、一般社団法人日本女子プロゴルフ協会の入会式が、山口県の周南カントリー倶楽部で行われた。新…
2016.7.29 プロテスト
永井花奈がトップ合格! 21名が新たにプロ入り
2016年度LPGA最終プロテストの最終ラウンドが7月29日(金)、山口県の周南カントリー倶楽部(6,599ヤー…
2016.7.29 プロテスト
最終プロテスト 合格者決定
  • LPGA公式 facebookページ