クォリファイングトーナメント
QUALIFYING-TOURNAMENT

概要

クォリファイングトーナメントは、「魅力あるツアーへの活性化」を目的に、翌年度のLPGAツアーおよびLPGAステップ・アップ・ツアーへの出場ライセンスを取得するためのトーナメントです。トーナメントは4ステージから成り、ファーストQT、セカンドQT、サードQT、ファイナルQTとして、ストローク・プレーで実施します。

  • 8月中旬~下旬
    ファーストQT
    3日間54ホール
    ストロークプレー
    上位者
  • 11月上旬
    セカンドQT
    3日間54ホール
    ストロークプレー
    上位者
  • 11月下旬
    サードQT
    3日間54ホール
    ストロークプレー
    上位者
  • 12月上旬
    ファイナルQT
    4日間72ホール
    ストロークプレー
    上位者
  • LPGAロゴ画像
    LPGAツアー

実施要項

本トーナメントは「魅力あるツアーへの活性化」を目的に、LPGAツアー及びLPGAステップ・アップ・ツアーへの出場ライセンスを取得するためのトーナメントです。トーナメントは4ステージからなり、ファーストQT、セカンドQT、サードQT、ファイナルQTとして、ストロークプレーで実施します。

開く

1. ファーストクォリファイングトーナメント

出場資格

原則として、2017年4月1日現在 満18歳以上の女子で下記のいずれかに該当する者【1999年4月1日以前に出生した者】

  1. LPGA会員1名の推薦を受けた者(推薦資格者は2011年8月入会以前の者)
  2. 海外のゴルフ協会、もしくは海外のプロゴルフ協会の推薦を受けた者
  3. 国内のゴルフ場責任者、もしくは国内のゴルフ練習場責任者の推薦を受けた者
  4. 上記以外でLPGAが承認した者

※「アマチュア資格」

日本ゴルフ協会発行のゴルフ規則により、当該QTに出場しても、TPD単年登録をしない限り、アマチュア資格は喪失しない。詳細(資格喪失、復帰等)については、申し込みをする際に公益財団法人日本ゴルフ協会(TEL.03-3566-0003)まで問い合わせること。

競技方法
  1. 54ホール ストローク・プレー(3日間競技、各日18ホール ストローク・プレー)
  2. 18ホールで競技成立とするが、期間中に18ホールを消化できなかった場合は、別途日程を定め競技の成立を図る。
セカンドクォリファイングトーナメントへの進出者
  1. 各会場とも出場人数の20%タイまでの者がセカンドQTに進出する。但し、申込者が500名を超えた場合は、セカンドQTへの進出人数は全地区合計で100名を上限とする。
  2. 各会場からの進出人数は、各会場とも第1ラウンド全組スタート終了後に掲示にて発表する。

2. セカンドクォリファイングトーナメント

出場資格

原則として、2017年4月1日現在 満18歳以上の女子で下記のいずれかに該当する者【1999年4月1日以前に出生した者】

  1. LPGA会員及び2017年度TPD単年登録者
  2. ファーストQT通過者
  3. 上記以外でLPGAが承認した者
  1. ③の該当者で日本に居住していない者がセカンドQTより出場する場合、海外のゴルフ協会もしくは海外のプロゴルフ協会の推薦、又はLPGA会員1名の推薦を受けなければならない。
競技方法
  1. 54ホール ストローク・プレー(3日間競技、各日18ホール ストローク・プレー)
  2. 順位がタイの場合は「第3ラウンドのスコア→第2ラウンドのスコア→第3ラウンドの18番ホールからのカウントバック」により順位を決定する。
  3. 18ホールで競技成立とするが、期間中に18ホールを消化できなかった場合は、別途日程を定め競技の成立を図る。
サードクォリファイングトーナメントへの進出者
  1. 競技終了時点で各会場上位者がサードQTに進出する。
  2. 各会場からの進出人数の目安は、各会場で第1ラウンド全組スタート終了後に掲示にて発表する。
  3. サードQTへの出場人数最終決定は、「大王製紙エリエールレディス」終了時点(11月19 日)とする。

3. サードクォリファイングトーナメント

出場資格

原則として、2017年4月1日現在 満18歳以上の女子で下記のいずれかに該当する者【1999年4月1日以前に出生した者】

  1. 2017年度ステップ・アップ・ツアー競技の優勝者(臨時プロ登録者を含む)
  2. 2017年度ステップ・アップ・ツアー賞金ランキング6位~10位の者
  3. 2017年度「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」終了時点のLPGA賞金ランキング70位迄の者
  4. セカンドQT通過者
  5. 上記以外でLPGAが承認した者
  1. ⑤の該当者で日本に居住していない者がサードQTより出場する場合、海外のゴルフ協会もしくは海外の プロゴルフ協会の推薦、又はLPGA会員1名の推薦を受けなければならない。
  2. 各会場とも原則として出場人数は102名迄とする。(但し、セカンドQTからサードQTへの進出比率を同比率にする為、102名に満たない場合がある。)
競技方法
  1. 54ホール ストローク・プレー(3日間競技、各日18ホール ストローク・プレー)
  2. 順位がタイの場合は「第3ラウンドのスコア→第2ラウンドのスコア→第3ラウンドの18番ホールからのカウントバック」により順位を決定する。
  3. 原則として54ホールで競技成立とするが、予備日を使用しても54ホールを消化できなかった場合のみ、36ホールで競技成立とする。
現地ウェイティング登録

サードQTは現地ウェイティングシステムを適用する。

ファイナルクォリファイングトーナメントへの進出者
  1. 競技終了時点で各会場上位者がファイナルQTに進出する。
  2. 各会場からの進出人数の目安は、各会場で第1ラウンドスタート終了後に掲示にて発表する。

4. ファイナルクォリファイングトーナメント

出場資格

原則として、2017年4月1日現在 満18歳以上の女子で下記のいずれかに該当する者【1999年4月1日以前に出生した者】

  1. 2017年度LPGAシード選手で2018年度のシード権を獲得できなかった者
  2. 2017年度「大王製紙エリエールレディス」終了時点のLPGA賞金ランキング上位55名(永久シード選手を除く55名)の次点から上位5名の者(複数年シード選手は含まない。対象者が欠場しても繰り下げない。)
  3. 2017年度LPGAツアー競技の優勝者で2018年度のシード権を獲得できなかった者
  4. 2017年度トーナメント特別保障制度適用者で、2018年度のシード権を獲得できなかった者
  5. 2017年度ステップ・アップ・ツアー賞金ランキング2位~5位の者
  6. サードQT通過者
  7. 上記以外でLPGAが承認した者
  1. ⑦の該当者で日本に居住していない者がファイナルQTより出場する場合、海外のゴルフ協会もしくは海 外のプロゴルフ協会の推薦、又はLPGA会員1名の推薦を受けなければならない。
  2. 原則として出場人数は102名迄とする。
競技方法
  1. 72ホール ストローク・プレー(4日間競技、各日18ホール ストローク・プレー)
  2. 順位がタイの場合は「第4ラウンドのスコア→第3ラウンドのスコア→第2ラウンドのスコア→第4ラウンドの18番ホールからのカウントバック」により順位を決定する。
  3. 原則として72ホールで競技成立とするが、予備日を使用しても72ホールが消化できなかった場合のみ、54ホールで競技成立とする。
現地ウェイティング登録

ファイナルQTはウェイティングシステムを適用する。

出場資格ランキングの決定

ファイナルQTの成績順位により、2018年度LPGAツアー及び、LPGAステップ・アップ・ツアーへの出場資格ランキングが決定する。

申込

2017年度 ファーストクォリファイングトーナメントの参加申込受付は終了しました。

クォリファイングトーナメントの受験申込には、「LPGAマイページ」へのユーザー登録が必要となります。

2017年4月3日(月)10:00より申込受付を開始します。

受験会場・日程の選択はオンライン申込の先着順となります。

  • ※ LPGAマイページにすでに登録済みの方は、そちらから受験申込を行なってください。
  • ※ QT申込以外の目的でのユーザー登録はご遠慮ください。
  • ※ ユーザー登録から一定期間内に受験申込が行われない場合、アカウントを削除させていただきます。

関連ニュース過去の関連ニュースはこちら

2017.4.14 プロテスト
プロテスト第1次予選 A地区(…
2017.4.7 プロテスト
プロテスト第1次予選 B地区(…
2017.3.31 プロテスト
プロテスト第1次予選 C地区(…
  • LPGA公式 facebookページ