ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2016.7.21

首位発進 神ってる!田尻みか

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

LPGAレジェンズチャンピオンシップ アイザックカップ 小杉カントリークラブ(富山県)

 スポーツ界を席巻する神ってるブームが、ついにレジェンズツアーにも。この日、2アンダーで首位に立った田尻みかは、「燃え上がっていた。別人のよう」と自身を表現した。今回がレジェンズのデビュー戦。新たな目標を見出したという。「36歳までは、レギュラーツアーで戦っていたけど、そこで1度、試合に出ることをあきらめた」。第2の人生を送る決断をしている。「でも、目指すものがない、というのは、とってもつらい。レジェンズを目指すにしても、それから10年間、何をしたらいいのかわからなかった。そんなことを考えている内に4年が過ぎた。何をしていたか? それはいえません。ゴルフは全くしなかった。内緒です」。1日目、ホールアウトすると、多くの報道陣に囲まれた。「エッ、レギュラーツアーでも、今まで話なんてほとんど聞かれたことがありません。きょうのプレーの最初の3ホールぐらいのように、ドキドキしている。緊張感や、プレッシャーはおなかで受け止めた」と正直な気持ちを明かす。

 本来は45歳の前年からレジェンズツアーへ出場することもできた。ところが、「準備をしていなかったから、QTを受けることも見送った。今年は、私の周囲の選手が、レジェンズは楽しいから、と背中を押してくれたことが大きい。大正解です。本当にドキドキしたけど、やっぱりゴルフは楽しかった」。左ひじには、サポーターが…。「急に一生懸命、練習したから仕方ありません。だけど、本格的にゴルフを再開してお金では買えない、かけがいのないものを得た気がします。真剣にゴルフをやって、それがわかりました」と、しみじみと振り返った。生涯スポーツの素晴らしさをアピールする田尻。ちなみに、名前の、みかは逆から読めば、かみだった。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA公式 facebookページ