ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2016.12.7

LPGAミーティング委員が東北3県と熊本県にチャリティ金を寄贈

 日本女子プロゴルフ協会では、東日本大震災と熊本地震で被災されたすべての方々の復興を願い、“心をひとつに”というスローガンのもと、復興支援を目的としたチャリティ活動を行っています。

 2016年度にレギュラーツアー、ステップ・アップ・ツアーの選手獲得賞金の1%やゴルフを通じた復興支援活動、一般の皆様からお寄せいただいた義援金の総額は、東北3県(岩手県、宮城県、福島県)へ寄せられたものが約2,805万円(12月1日現在)、熊本県へ寄せられたものが約3,431万円(12月1日現在)となりました。

 また、TPDミーティング委員会が中心となってトーナメント会場で募金活動を行い、集まったチャリティ金は総額約910万円(12月1日現在)となりました。ご協力いただきました皆様に、心より御礼を申し上げます。

 今回、お寄せいただいた義援金を東北3県と熊本県の各自治体へ寄付、またTPDミーティング委員会によるチャリティ金は熊本空港カントリークラブへ寄付することになりました。12月6日(火)、7日(水)にLPGA理事の原田香里と選手を代表して、TPDミーティング委員の一ノ瀬優希、横山倫子が岩手県庁、宮城県庁、福島県庁、熊本県庁、熊本空港カントリークラブに訪問し、義援金およびチャリティ金を寄贈致しました。

熊本空港カントリークラブ
「今回このようなご支援を頂けて、本当にありがとうございます。幸い、コースもクラブハウスも大きな被害は無く、営業を致しております。2011年に東日本大震災があってツアーが再開したのもこの試合でした。そして今年は熊本地震と、何かご縁を感じます。私どもとしては、ゴルファーの門戸を広げていけるよう、頂いたお金は練習場の整備などにあて、大切に使っていきたいと思います」

株式会社熊本県民テレビ
「毎年トーナメントの週と震災があった日が同週になるので、来年のKKT杯バンテリンレディスは大きな意味を持つと思います。プロはみんなをプレーで勇気づけて欲しいですし、我々テレビ局も熊本の元気な姿を見せなければならない。地方自治体などに寄付するのは他の団体でもあることですが、今回のようにゴルフ場にも寄付とすると聞いて、プロゴルファーならではの素晴らしい事だと感銘を受けました」

一ノ瀬 優希 TPDミーティング委員長
「今年は色々な事に挑戦しようと思った1年でした。ミーティング委員長もその一つで、震災も経験し、シード落ちやQTも・・・。でもいままでやってきたことが間違っていないとわかった1年でしたし、私にとって良くも悪くもとても良い経験になりました。熊本の試合は毎年やって頂いてこうして少しでも恩返しが出来て、嬉しいです。来年は地元で行う特別な試合ですし、その人の前で喜んでもらえるようなプレーができるよう、頑張りたいです」

横山 倫子 TPDミーティング委員
「私たちが出来ることとして考えられる選択として、ミーティング委員会で話し合って、ジュニアの頃からお世話になって、大会も開催しているこのゴルフ場に、と決めました。またここで試合がしたいですし、こうして寄付できるのは本当に嬉しい事です。東北の震災チャリティは5年たちましたが、東北の皆さんからも”熊本は大丈夫ですか?”と心配のお言葉を頂きました。私たちよりよっぽど前を向いていると思ったし、頑張ろうと思いました」


(2016.12.9追記)
義援金、チャリティ金の総額と各寄付先のご紹介に誤解を招く表現がありましたので、該当部分の記述を修正させていただきました。関係各所にご迷惑をおかけしましたこと、お詫び申し上げます。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ