ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2016.12.16

「GTPAルーキー・オブ・ザ・イヤー」に堀琴音、松森彩夏、ささきしょうこ、「GTPA特別賞」に畑岡奈紗が選ばれる

 日本ゴルフトーナメント振興協会(GTPA)の「2016年GTPAルーキー・オブ・ザ・イヤー、GTPA特別賞」表彰式が、12月16日に都内のホテルで開催され、LPGAからは、「GTPAルーキー・オブ・ザ・イヤー」に堀琴音松森彩夏ささきしょうこの3名が、「GTPA特別賞」に畑岡奈紗が選出されました。

堀 琴音 表彰理由
『日本女子オープンゴルフ選手権』など今季は幾度も優勝争いを演じ、『TOTOジャパンクラシック』では日米ツアーの並み居る強豪プロの中で日本選手最上位となる3位タイなど、抜群の安定感で賞金ランク11位となり、『LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ』にも出場した。多くのファンが初優勝を待望する中、今後の更なる飛躍と活躍が期待される。

松森 彩夏 表彰理由
初優勝が目標という今季、『富士通レディース』で接戦の末に念願のツアー優勝を果たした。優勝争いに加わることも多く、賞金ランク15位となり、『LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ』にも出場した。恵まれた体躯から繰り出すショットと、そのプレースタイルは多くのファンを魅了し、今後の更なる活躍が期待される。

ささき しょうこ 表彰理由
今季QTランク36位でツアー出場し、昨年プロテスト合格者の中で一番乗りのツアー優勝を果たす。『LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ』にも出場した。「いつかは世界へ行きたい」との目標を掲げ、大型ゴルファーとしての今後の更なる飛躍と活躍が期待される。

畑岡 奈紗 表彰理由
2016JGA女子ナショナルチームメンバーとして国内外の試合で大活躍し、『日本女子オープンゴルフ選手権』ではアマチュア選手としてツアー優勝を果たし、17歳263日での国内メジャー制覇は従来の記録を大幅に更新する史上最年少優勝となった。プロ宣言と米ツアー来季出場権獲得など、日本のゴルフ界に大きな話題を提供し、今後の一層の活躍が期待される。

【GTPAルーキー・オブ・ザ・イヤー選考基準】
男子はツアープロに転向してから、女子はプロテスト合格後またはプロテスト合格者以外ではじめにTPD登録をした者でそれぞれ「レギュラーツアーに初参戦してから最長2シーズン以内(海外ツアーを含む)、但し初年度は全試合数の三分の一以内の出場であれば、その年は含まない」且つその年度の「来季」シード権獲得者の中から、人格面並びにマナー、エチケット、話題性、将来性を加味して選考する。

【GTPA特別賞】
当該年度において、めざましい活躍とゴルフトーナメントの振興・発展に寄与された方を表彰する。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA公式 facebookページ