ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.4.1

痛恨の16番 菊地絵理香、逃げ切り叶わず

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

ヤマハレディースオープン葛城 葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(静岡県)最終日

 ターニングポイントは、ボギーを叩いた16番。「いいショットだったけど、3パットが痛い。強めに打ってしまった」と悔しそうに振り返る。そのホールで、アンソンジュに逆転を許す。その後も18番ホールでボギー。「11、12番でバーディーをとれた。少し流れがきたかと思ったけど、詰めが甘いです」と敗因を分析した。

 一方で、オーバーパーに終わった、自身の最終日を反省しながら、優勝したアンを、「きょうの(スコア)60台は、まぐれでは絶対、出ないと思います。風もすごく難しかった。出球を間違えただけで、20から25ヤードくらい手前だったりする。奥へ行ってしまうこともありそうなそんな感じがした」と冷静に語った。

 しかし、思いがけない収穫もあったという。「ドキドキしながらでしたけど、今までは僅差で争っている時には、ミスショットしたりすることが多かった。それが、きょうは15番や16番で、イメージ通りのショットを打つことができた。今までと違う一面です」とアピールすることを忘れない。

 『失敗は、成功の母』。失敗を追求し、次の勝利につなげる。次週は調整のために、オープンウイークにあてる。「体を休めながら、自分の課題に取り組みたい。熊本から、それを実践し、結果に残せるように頑張ります」と締めくくった。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ