ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.4.20

明日へのひとこと 最新情報

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

フジサンケイレディスクラシック 川奈ホテルゴルフコース 富士コース(静岡県)第1日

永峰 咲希 (1位タイ:-6)
「ようやく、思い通りのプレーができつつあります。今シーズン、開幕当初からショットはまずまず。でも、パッティングが決まらない。ようやく、前週の最終日、うまくかみあうようになってきた。パターを替えたことがよかったのかも…。高麗グリーンとの相性がいいと思う。きょう、一番ドキドキしたのは5番のパーセーブ。1メートルのフックラインでした。これを切り抜けたら、あとはストレスがない1日でした」

成田 美寿々 (1位タイ:-6)
「前週の良い状態をキープしている。特にパッティングです。おかげでしっかりとラインに打つことができた。きょうは7つ、バーディーをとったけど、ロングパットがもう少し決まってくれればいいと思っている。毎年、今大会は同じハウスキャディーさんにお願いしています。早く、優勝キャディーになってほしい。もちろん、頑張ります」

青木 瀬令奈 (4位:-5)
「去年は1打差で予選を落ちてしまったので、今年は予選通過を目標にやろうと。今週は何があっても笑顔で、結果やスコアよりもゴルフというスポーツそのものを楽しんでやろうというのを心掛けてやった結果、良いゴルフができました。久しぶりに優勝争いをしたい」

上田 桃子 (5位タイ:-4)
「久しぶりに今日はショットも良かったですし、パットも良く決まってくれた。1日落ち着いてプレーできた。この大会では、毎年苦戦している。今日は風がなく、いつもの川奈の顔とは違ったので、回りやすかった。明日は風が吹くようなので、明日が本当の川奈の顔だと思って頑張りたい」

権藤 可恋 (5位タイ:-4)
「先週、自己ベストを更新したので、今週は色々な意味で緊張だとか、今までとは違う感覚でいた。今日は自分のプレーがしっかりできて、予選通過できれば良いという感じてスタートしました。幸い先週に続き良い位置にいるので、上がった後に悔いが残らないような1つ1つのショットを打ちたい」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ