ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.5.24

大会最終日 ~ 次戦のために

<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

ダイクレレディースカップ 呉カントリークラブ(広島県)最終日

篠﨑 愛 (2位タイ:-3)
「15番以外、1Wのミスがなかった。今日は、1メートル以上のパッティングがとても良かったと思う。5番パー5で2オン。バーディーがとれたので、その後は落ち着いてプレーできた。今回を不振脱出のきっかけにしたい」

照山 亜寿美 (2位タイ:-3)
「(この負け方は)あり得ないですね…。17番もバーディーをとらないとダメだなと思って、狙いました。グリーンが速いことはわかっていたけど、ラインの読み間違い。さらに、お先に-のパッティングがうかつでした。悔しい。課題はパッティングだし、もう少し冷静にならないといけません」

本多 奈央 (4位タイ:-1)
「最近、ショットが良くなってきて、今日もいい感じです。あとはパッティング。昨日、雨が降っても、難しかった。来週こそ、優勝争いに加わりたい」

工藤 遥加 (4位タイ:-1)
「1Wを1度だけ使ったら、危うくOBでした。そのホール以外は使わなかった。また、ショートアイアンの方向性を、もう少し磨かないとダメですね。パー5の10番で2日間、ボギーが痛い。自分に厳しく、もっともっと練習します」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ