ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.6.2

ステップ2戦2勝 原英莉花が逆転V

<Photo:Masterpress/Getty Images>

 2018年LPGAステップ・アップ・ツアー第8戦『日医工女子オープン』(賞金総額2,000万円、優勝賞金360万円)大会最終日が2日、富山県富山市・八尾カントリークラブ(6,412ヤード、パー72)で行われた。ステップ開幕戦を制した原英莉花が、通算8アンダーで鮮やかな逆転優勝。3打差の2位に、シェーユーリンが入り、第2日まで首位を守った新武瑠衣は通算4アンダー、3位タイに終わった。(天候:晴れ 気温:23.0℃ 風速:2.7m/s)

 圧巻の逆転劇。原英莉花がバックナインで猛チャージを見せた。325ヤードの11番、パー4。ビッグドライブが炸裂し、グリーン手前7ヤードまでボールを運ぶ。ピンまで残り18ヤード。58.5度のウエッジで、チップインイーグルを決めた。このウエッジ、師匠のジャンボ尾崎から、「去年のサブだ」と1カ月前に手渡されたものだ。「ジャンボさんのサブは、私のエースです」と得意の表情を見せた。その後も2バーディーを奪い、通算7アンダーまでスコアを伸ばす。

 15番はボギー。しかし、「この試合に来る前から9アンダーが目標。最後の3ホールは絶対、バーディーをとろうと狙った。16番はパーだったけど17、18番は、これまでにない集中力。ゴルフをやっていて幸せだなって感じた。強い気持ちと、自分のスイングが合っているときは、本当に楽しい」と、プロ冥利を味わった。そして、上がり2ホールも連続バーディーで締める。18番は、ショートゲームもさえた。残り40ヤードを30センチに寄せ、ウイニングパットを沈めると、ガッツポーズも、また鮮やか。

 これで、ステップ・アップ・ツアーは2戦2勝。LPGAツアーも6試合に出場し、獲得賞金額は500万円を超えている。リランキング制度により、7月のニッポンハムレディスクラシックからの出場権をほぼ、手中に収めた。「2戦2勝には、ビックリ。でも、自分でスコアを伸ばしての優勝だから、達成感がある。LPGAツアーでも優勝争いに加わって、そこで、自分がどうなるのかを経験したい」。夢と希望が広がる優勝だった。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ