ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.10.18

アンソンジュ首位発進 早起き効果は絶大

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

 LPGAツアー第33戦『NOBUTA GROUP マスターズGCレディース』(賞金総額1億8,000万円、優勝賞金3,240万円)が10月18日、兵庫県三木市・マスターズゴルフ倶楽部(6,528ヤード/パー72)で開幕した。大会第1日、7アンダーのスタートを切ったのはアンソンジュ。1打差の6アンダー、2位タイに木村彩子、岡山絵里が続く。(天候:曇り 気温: 20.1℃ 風速:1.8m/s)

 前半9ホールのスコアは、30。6バーディー、ノーボギーだった。首位のアンソンジュは、好調の要因を、「きょうは10番スタートで最初の組。新人の頃に戻った気持ちで、もっと頑張れとエールを送られたような気がした。うれしかったです。それから、グリーンがとてもきれいな状態。とてもフレッシュな気分でプレーできた」という。さらに、同組は仲の良い永井花奈、柏原明日架。「2人は私の誕生日会に来てくれた。素晴らしい仲間。3人でおもしろい組になったねと話していた」と明かした。

 気の置けない2人とのペアリングは、プラスアルファのパワーを引き出した。前週は今季5度目の2位。「前週は成田さんが上手でした。でも、私は自分へプレッシャーをかけすぎて、自分に負けたという感じですね。リベンジとか、そういうことは考えていない。しかし、久々に30というスコアをマークできたことは、すごくうれしい」と振り返る。

 ただ、前半の勢いは長くは続かない。後半は1バーディーのみ。少々、さびしい。「バーディーチャンスが、なかなか決まらない。それでも、5番や9番で難しいパーセーブができた。9番はミスパットだと思ったけど、4メートルがカップイン。きっと、神様に助けてくださったのでしょうね」と解説する。

 今大会、単独47位以上で、史上5人目の生涯獲得賞金が10億円を突破する。「プロになって13年目です。よく頑張ってきたなぁ、と思う。自分をほめてあげてもいい」と前置きし、話題は賞金ランキングで1位になっている賞金女王へ。「今まで3回、女王にはなっている。もちろん、タイトルがとれればいいけど、あまり自分へプレッシャーをかけないようにしたい。今回も、まだ第1日が終わっただけ。しっかり休んであすもいいプレーができるように、体調を整えましょう」。

 早起きは、三文の徳といわれるが、アンの場合は10億円、さらに賞金女王へ向けて、絶好のアドバンテージになった。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ