ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.10.21

Day 4 ~ 松尾恵のプラスワン テック

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

NOBUTA GROUP マスターズGCレディース マスターズゴルフ倶楽部(兵庫県)最終日

 アンソンジュさんは、本当に強かった。強さをみせつけたのは、16番。約3メートルのパーセーブです。ここが勝負所。きっちりとカップインさせました。強さの秘密です。

 最終日、誰もが5ストロークのアドバンテージを握っていれば、楽々の逃げ切りシーンを思い浮かべていたでしょう。ところが、首痛などの体調不良に加え、睡眠不足で、前半はこのままズルズルと後退してしまうのか…。そんな印象でした。スタート前は関係者の方も、話ができなかったほどだと漏らしていました。

 私もハーフ40のスコアには本当に、本当にびっくり。しかし、最悪の状況でも精神力が違います。後半のスタートでバーディー発進は、実力者の証でしょう。わずかなインターバルで悪い流れを断ち切った。これが精神力の強さ。確かに、生命線ともいえる、アイアンショットの切れは、第1日や第3日のようには鋭くありません。

 ただし、積み上げてきたものがある。天性の素質と技術に加え、コースマネジメントのうまさも見逃せないでしょう。アンさんは、「前半、5打差があったので安全な感じでいけば何とかなる、と思っていた」といいます。ただし、好事魔多しのたとえ通り、「安全にプレーするのは自分のスタイルではなかった。また、安全とはどうしたらいいのかわからない。失敗でした。後半はいつものように自分のスタイルへ」。修正力にも脱帽です。

 普段、話をしていても、常に控えめで「ダメです」といいながら結果を出す。能ある鷹は爪を隠すが如し−でしょう。研究精神も旺盛。常にピンチを脳裏へ描いて、練習に余念がない。リカバリーもお上手です。では、いったい彼女は何が不得手なのだろうと考えた時、それが見つからないことに気がつきました。

 プレッシャーに弱いと口にしながら、開き直ってきょうのようなプレーもできる。ゴルフはメンタルのスポーツであることがわかります。日々精進し、限界をつくってはいけない。アンさんの強さを再認識した18ホールでした。

(松尾恵=担当理事)

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ