ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.4.12

木下彩 琵琶湖でニュースタイルを発見

 2019年LPGAステップ・アップ・ツアー第2戦『Hanasaka Ladies Yanmar Golf Tournament』(賞金総額3,000万円、優勝賞金540万円)が4月12日、滋賀県栗東市・琵琶湖カントリー倶楽部 琵琶湖/三上コース(6,356ヤード/パー72)で開幕。大会第1日、昨年の最終プロテスト合格の木下彩が、2アンダーで首位に立った。1打差の1アンダー、2位タイは青山加織、西畑萌香、稲見萌寧。(天候:晴れ時々曇り 気温:12.7℃ 風速:2.5m/s)

 アンダーパーが4人。口々に選手は「難しい」とホールアウトしてきた。首位の木下彩は、スタイルを変えて難コースへ挑んだという。「いつもはガンガン攻める。でも、このコースは絶対、グリーンオーバーできない。常に手前からです。安全を第一に考えた。だから、きょう1日で、3日間ぐらいゴルフをしたような気分。それぐらい、頭を使いました」と充実した笑顔を見せた。

 10番からスタートし、パーを重ねて、15番でバーディーを奪う。「下り3メートルのパットが強く入った。やってしまったと思ったけど、ラインに乗って入った。あれが入らなかったら2打は違っていたかもしれない。ツキがあると思った」。後半の5番は、「同組の兼岩さんがホールインワン。私も続こうと気合を入れたら、ピン左2メートルについた。カップインしなくても、仕方がないほどのスライスラインだったけど、うまくカップインできたと思います」と冷静に振り返っている。

 目標の選手は、テレサ・ルーだ。「スイングと、プレースタイルが好きです。常に冷静ですね。私は、冷静な判断が苦手だから、心から見習いたい。ただ、今日は冷静だったと思う。やればできる。新しい自分を発見できた」と満足そうだ。琵琶湖カントリー倶楽部は2014年、日本女子オープンゴルフ選手権競技を開催。その時の優勝者は、テレサ・ルーだった。憧れの選手と同じステージに立ち、花を咲かせるか。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter