ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.4.20

東浩子は、自然体で勝負

<Photo:Masterpress/Getty Images>

KKT杯バンテリンレディスオープン 熊本空港カントリークラブ(熊本県)第2日

 逃したチャンスは、最終日。東浩子が気温の上昇とともに調子をあげている。夏女のイメージがあるものの、この日は汗ばむような気候。3バーディー、1ボギーの内容について、「特にピンチがあったわけではない。心静かな1日でした」と振り返った。飛距離よりも、精度を重視。「第1打で欲を出さない。あくまで、グリーンを狙っていけるところへ…。マネジメントがしっかりできているから、ピンチが少ないのかもしれません」の言葉は、ごもっともだ。

 ただし、人間は欲が出るものだろう。「勝ちたいです。でも、欲張ってばかりいても、成績はついてこない。あすのポイントはパッティング。迷いがなくストロークをできるかでしょう。きょうまで、とてもいい状態にある。シンプルに考え、ひとつだけ考えているのは、きょうよりも、いいスコアでプレーすること」。淡々とした口調は、自然体の証明だ。2年連続で賞金シードを獲得。そろそろの予感が漂ってきた。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ