ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.4.23

佐賀で、平成最後のステップ・アップ・ツアー 

<Photo:Masterpress/Getty Images>

 2019年LPGAステップ・アップ・ツアー第3戦『九州みらい建設グループレディースゴルフトーナメント』(賞金総額2,000万円、優勝賞金360万円)が4月25-27日、佐賀県武雄市・武雄ゴルフ倶楽部(6,230ヤード/パー72)で開催される。

 株式会社九州みらい建設グループ、興和日東株式会社、株式会社武雄ゴルフ倶楽部と共催し、今年で5回目を迎える。今シーズン、ステップ開幕戦を制した吉川桃をはじめ、Hanasaka Ladies Yanmar Golf Tournamentで初優勝のヌック・スカパン、優勝争いを演じた木下彩や、ホステスプロの城間絵梨など、総勢108人が出場予定。

 武雄ゴルフ倶楽部は、個性的なホールが多い丘陵コースだ。昨年は、通算8アンダーで蛭田みな美がステップ初V。佐賀県で唯一、開催される女子プロゴルフツアーである。県内のゴルフ人口は、約80万人となかなかのものだ。今大会、関係者が目指したのはギャラリーにやさしいトーナメント。コース内にあるカート道路を整備したのは、そのためだ。「カート道路を全面舗装し直しました。加えて、道路幅を拡張。コースのメンバーさんには、ことのほか好評です」と、武雄ゴルフ倶楽部・藤田文智総支配人は話した。

 一方で、カート道路の整備は、今大会の開催のためであることも、加える。「足を運んでくださる皆さまが歩きやすく、観戦しやすいことも目的でした。お車でいらっしゃる方は、駐車場からバス輸送になりますけど、交通事情にもよりますけど、10分はかかりません。ぜひ、ナマの迫力をお楽しみいただきたい」。さらに、「コース整備を一生懸命、行いました。プレーする選手の皆さんにも、素晴らしい環境を提供することが、スタッフ一同のつとめです」と笑顔を浮かべている。


記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ