ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2011.7.1

日医工女子オープンゴルフトーナメント 1日目

表純子、上原彩子が首位発進

 2011年度LPGAツアー『日医工女子オープンゴルフトーナメント』(賞金総額6,000万円、優勝賞金1,080万円)の1日目が、富山県富山市の八尾カントリークラブ(6,476Yards/Par72)で開催された。

 天候:曇り時々雨、気温:25.5℃、風速:1.5m。時折雨が降る不安定な天候となったものの、止まりやすくなったグリーンに好スコアが続出。この日66をマークし首位に立ったのは表純子と上原彩子。さらに1打差の3位には川原由維、宋ボベ(ソンボベ・韓国)、中村香織の3人が並び、首位と3打差以内に15人もの選手がひしめく混戦となった。

 7バーディー・1ボギーの66をマークし首位にたった表。「パットが入っていますね。ショットはドライバーが右にいっていて、あまり振れてなかったんですが、パットが入りました」と、3位タイに入った『ニチレイレデイス』後の今週も好調を維持。「優勝したいとは思っていたのですが、こんなに良いスコアとは思いませんでした」と自らの予想を上回る結果に笑顔を見せた。明日以降は「ティーショットをフェアウェイにおいて、ラフが長いところがあるので。グリーンも乗せちゃいけないところ、下りで速いところがあるので、それを気をつけて」と冷静なコースマネジメントで2005年以来の優勝を目指す。

 同じく首位に立った上原は1イーグル・4バーディーのラウンド。9番(パー5)のチップインイーグルで波に乗ると、後半は「ショットが良かったので、ピンチらしいピンチはありませんでした」と4つバーディーを奪い着実にスコアを伸ばし首位に浮上。「景色も凄く綺麗。このコースは好きです。ショット自体も良い感じなので、パー5でバーディーが取れるよう、100ヤード以内をきっちりやること、攻めるゴルフが大事になってくると思います。明日、明後日もみんな伸ばし勝負になると思うのでそこをポイントに置いて、頑張ります」と、バーディー合戦が予想される2日目以降も上原の猛チャージに期待がかかる。


川原由維 (3位タイ:-5)
「今日は全部が良かったです。先週の休みにコーチにチェックしてもらって、新しい練習方法を教えてもらってから全体的によくなりましたね。パー5でバーディーが取れてないのがちょっと不安ですけど、ノーボギーで回れたのは嬉しいです。(明日は)頑張ったらいいことがあると言われてるので、頑張ります」。

中村香織 (3位タイ:-5)
「この一週間、パターをL字のものに替えて練習していたんですが、今までカップの前で切れていたのが入るようになりました。初日にこんなにいいスコアが出たことはなくて、明日、明後日と緊張すると思うし、一打一打重く感じると思いますが、一打ずつを大事にして賢くゴルフができるように、考えてラウンドできたらいいなと思います」。

宋ボベ (3位タイ:-5)
「(扁桃腺炎の療養明けで一ヶ月ぶりの出場)サントリーレディスの週に韓国に戻って、それから2週間入院していました。今週はとにかくゴルフがやりたくて、楽しくプレーしたいと思っていたので、そういう気持ちで回ったら良いスコアが出てくれて、楽しかったです。今週は優勝を狙うことより、楽しんでゴルフをしたいです」。

不動裕理 (6位タイ:-4)
「2番ではセカンドショットをダフってしまって、もったいないボギーでしたね。下がゆるいと思って打つようにして、ちょっと気をつけるようにしたら良くなりました。2番、3番を終わった時は『また予選落ちか』と思ったけど、パッティングの感じがよかったので、それで助けられたというか。今日は気持ちよく打てました」。

久保啓子 (6位タイ:-4)
「ニチレイレディスで妹のキャディをして、妹の頑張りに負けたくないというのもあったし、マネジメントという部分でも『ここをこうすればいいのに』という勉強になりました。今年は成長していかないといけない年だと思っているんですが、人との出会いにも恵まれていて、樋口(久子)さんともお話がさせていただけるようになって、成長するきっかけになっています。(明日は)『一日が一生』だと思っているので、1ホールずつ切り替えてしっかり向きあっていきたいです」。

小松亜有 (6位タイ:-4)
「今回初めてプロキャディをつけて、心強くいいジャッジができました。狙う方向とか、最後のパットの後押しとか気持ちの面が大きいですね。一緒に戦ってくれるので、初めてでしたが勉強になりました。オフに2週間、上田桃子さんとオーストラリアで合宿して、スイングを改造して今は自信をもってやっています。まだ完璧に自分のものにはできていなくて、体調とか緊張でスイングが変わってしまうのが分かるので、もっと体に覚え込ませたいです。明日はもっと緊張すると思うので、自分のゴルフができればと思います」。

辛炫周 (6位タイ:-4)
「(昨年優勝したコースで相性が良い?)練習ラウンドからコースセッティングが好きだと感じてて、それで良いスコアが出たと思います。1番で1.5mのパーパットが入らなかったのは残念でしたが、2番で長いバーディーが入ってくれて、気持ちの切り替えが早くできたのがよかったですね。明日は天気によって変わってくると思うけど、今日みたいに自分のプレーができればいい結果が出ると思います」。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ