ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.8.5

渋野日向子 メジャー制覇 42年ぶりの快挙

<Photo:Jan Kruger/WME IMG/WME IMG via Getty Images>

 今季の海外メジャー最終戦、「AIG全英女子オープン」大会最終日が4日、イングランド・ウォーバーンゴルフクラブ(6,585ヤード/パー72)で行われた。

 2打差の単独首位でスタートした渋野日向子が7バーディ、1ボギー1ダブルボギーの68、通算18アンダーで、1977年の樋口久子以来、日本人では2人目、42年ぶりにメジャー制覇を成し遂げた。

 2位は通算17アンダーのリゼット・サラス。3位は通算16アンダーのコ・ジンヨン(韓国)。上原彩子は通算6アンダーの21位、横峯さくらは5アンダー24位、勝みなみは3アンダー35位、上田桃子はイーブンパーの51位、アマチュアの安田祐香は2オーバーの59位。

LPGA会長・小林浩美 
おめでとうございます。快挙です。ついにやりました。日本のLPGAツアーからいきなりメジャー優勝です。メジャー優勝者を送り出すことは、日本女子プロゴルフ協会の目標であり、2013年から取り組んでいます。ツアー強化が実り、二重の喜びです。このままガンガンいってください」

LPGA顧問・樋口久子
「優勝おめでとうございます。無欲が、手繰り寄せた勝利といえるでしょう。予選通過だけを目標に、気負いがなく、日本で戦っているように伸び伸び、自然体でプレーをしていた印象です。また、随所に得意のパッティングが冴えていた。好条件がそろっていたことも見逃せません。今回のウォーバーンGCは日本によく似た起伏のある林間コースです。さらに全幅の信頼を置くコーチが、キャディーとして支えたことも大きな力になったと思いました。待ちに待った日本人のメジャー優勝、本当にうれしいです」



【最終日 主な成績】

優勝 -18 渋野日向子
2     -17  L.サラス
3     -16   コ・ジンヨン
4     -15   M.プレッセル
5     -14   A.ブハイ
6     -12   C.ブティエ
7     -11   C.シガンダ
8     -10   朴城炫
9T    -9   N.コルダ
9T    -9   イ・ジョンウン6
16T  -7   テレサ・ルー
21T    -6   上原彩子
24T    -5   横峯さくら
35T    -3   勝みなみ
51T    E   上田桃子
59T   +2   安田祐香


記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ