ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.8.29

激しい雷雨で第2Rが順延

 2019年LPGAステップ・アップ・ツアー第14戦『山陰合同銀行 Duoカードレディース』(賞金総額2,000万円、優勝賞金360万円)第2日が8月29日、鳥取県西伯郡・大山平原ゴルフクラブ(6,463ヤード、パー72)で行われた。この日は11時15分、雷雲接近のため、競技が一時中断。その後、降雨によるコースコンディション不良のため、14時10分にサスペンデッドが決定した。暫定首位は、通算6アンダーの岩橋里衣。同2位タイに、通算4アンダーで木下彩など5人が付けている。(天候:雨 気温:22.0℃ 風速:2.6m/s)

 米子気象観測所で、12時までの1時間で、16.5ミリの雨量を観測。フェアウェイが川のように流れ、バンカーも大量の雨で池のように水が溜まった。復旧の目途が立たず、サスペンデッドとなり、競技は36ホールのストロークプレーに短縮が決定。第2ラウンドはあす30日へ順延となった。

 首位を走る岩橋里衣は、サスペンデッドに悔しそうな表情。「2番グリーンに乗ったところで、中断。きょう何位でもプレーをしたかった。体の調子が良かったからです。でも、雨の量が凄かったし、雷も…。仕方がない。あすは楽しくラウンドして、チャンスをつかみたいです」と笑顔を浮かべた。

 最終組でスタートした木下彩も、「やりたかった。でも、雨が凄かったですね。賞金が減額になり、賞金ランキングに影響が出るので、54ホールやりたかった。しかし、1Wの調子がいまひとつ。フェアウェイキープ率、ゼロパーセントだったから、仕切り直しできることをプラスにしたい」と気持ちを切り替えた。

 種子田香夏は7ホールで3バーディーを奪取。首位に3打差と迫った。「前週のCAT Ladiesから、休みがなくバタバタしていて、逆に気負いがなくていい。いつもは、いいスコアで上がりたい、バーディーを獲りたいと考えてしまう。きょうは、体のことを最優先に考えたことが、好結果につながったのでしょう。きょうスコアを3つ伸ばした。あと11ホール、流れに身を任せて、気負わずにプレーしたい」。

 第3日、9時から第2ラウンドが再開予定だ。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ