ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.10.26

山本薫里が首位 2位は斉藤裕子

 2019年LPGAレジェンズツアー第3戦 『火の国レジェンズオープン』(賞金総額2,000万円、優勝賞金300万円)が26日、熊本県熊本市・くまもと城南カントリークラブ(6,083ヤード/パー72)で開幕。シブヤカップで、レジェンズ参戦2戦目で初優勝を飾った山本薫里が4アンダーで首位に立った。2打差の2位は斉藤裕子。(天候:晴れ 気温:23.6℃ 風速:1.1 m/s)

 山本薫里が2戦連続優勝へ向け、絶好のスタートを切った。4バーディー、ノーボギーの安定した内容。「パッティングは良かったり、悪かったり。それでも、16番ではサンドウェッジで転がしたアプローチが入ったし、ショートゲームが良かったです」という。この日、唯一のピンチは17番。しかし、2.5メートルのパーセーブで、安定感抜群だった。あすは、2連勝がかかる大一番。

 前回から2カ月のインターバルがあり、「調子を落とした時もあったけど、ここを目標にうまく調整ができた」と話した。参戦1年目から、レジェンズの顔の1人に。ただし、2位につけているのは、斉藤裕子だ。前回はプレーオフへもつれ、簡単には優勝できないことをだれよりも知っている。

 「前回は、優勝など全く考えていなかった。トップへ追いつけの気持ちだけです。でも、今回は同組だし、どんな気持ちになるのでしょう。ただひとついえることは、集中力の持続。ベストをつくします」と気を引き締めた。

 一方、満60歳以上の選手のグランドシニアの部(賞金総額200万円、優勝賞金40万円)も、同コース(5,375ヤード/パー72)で開催。若浦みどり、黄ゲッキンが3オーバーで首位に並んでいる。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter