ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.10.27

山本薫里 連続バーディーで2連勝

 2019年LPGAレジェンズツアー第3戦 『火の国レジェンズオープン』(賞金総額2,000万円、優勝賞金300万円)の最終日が27日、熊本県熊本市・くまもと城南カントリークラブ(6,083ヤード/パー72)で行われ、山本薫里が通算5アンダーでレジェンズツアー2連勝を飾った。1打差の2位タイは松原衣江、鬼澤信子。一方、満60歳以上のグランドシニアの部(5,375ヤード/パー72 賞金総額200万円、優勝賞金40万円)は、黄ゲッキンが通算2オーバーで優勝した。(天候:晴れ 気温:19.5℃ 風向:北北東 風速:0.8 m/s)

 18番、山本薫里のバーディートライは1メートル。4アンダーで3人が並んでいる事を知っていた。「ピンの上からだし、楽なパッティングではない」と細心の注意をはらってウイニングパットへトライ。連続バーディーフィニッシュで混戦を制した。

 シブヤカップでの優勝は、実に大きな体験だった。ワンランク上のレベルへ押し上げたといっていい。「あの優勝で、絶対にあきらめない。そんな気持ちがより強くなった」という。6番でダブルボギーを叩いても、着実にチャンスを待っていた。

 2連勝を果たした後、親しい、大竹エイカへ感謝のメッセージを送る。「姉妹のような感じ。2003年、飛距離アップの相談にのってもらったことがきっかけでした。当時、私と比較して80ヤードは飛んでいたでしょう。それが縁で、練習や試合など一緒に行動することが多くなりました」という。

 次週は最終戦「LPGAレジェンズチャンピオンシップ CHOFUカップ」。公式競技の大一番だ。2016年の鬼澤信子以来、年間3勝を目指す。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ