ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2020.4.22

シード選手のいま ー 稲見萌寧

<Photo:Atsushi Tomura/Getty images>

 新型コロナウイルス感染症の影響で、JLPGAツアーは3月の開幕戦から計13試合が中止になった。1日も早い開幕を待ち望んでいるのは各選手同様だろう。シード選手の現在は-。稲見萌寧は日々どのように過ごしているのだろうか。

――どのような練習やトレーニングを。
 「まず3時間、ケアとトレーニング。練習場で1時間くらいボールを打って、施設内のショートコースで5時間くらいラウンドや、ショートゲームの練習をしている。今年、力を入れているのは、スイングの安定とアプローチ。また、ゴルフ以外でも、野球のピッチャーの動きを参考にしています。トレーナーさんとキャッチボールや、バッティングの素振りをする。切り返しの時の体のねじれ、手があとからついてくる感覚を磨いている」

――自宅でできるおすすめの練習方法は。
 「シャドースイング、パッティング練習です。ゆっくりとスイングをすることは、体の動きを体に覚えさせることができる。また、パッティングでおすすめは、1.5メートルの反復練習。ちょうど、入れごろ外しごろの距離でしょう。この距離が入ると自信にもなる。また、ストロークが安定し、ロングパットもうまくいきます」

――在宅時間は何を。
 「テレビを見ながらストレッチ。YouTubeを鑑賞しながらくつろいでいます。最近、私が驚いたものは皮膚再生クリーム。口コミで、売り切れが続出する人気アイテムです。朝と夜、化粧水、乳液のあとに塗っています。もちもちの肌になるんですよ」

――実施している新型コロナウイルス感染予防対策。
 「当たり前ですけど、マスク着用、手洗いとうがい。アルコール消毒に加えて、外出を最小限にしている」

――自宅で過ごす際の、おすすめランチは。
 「先日、パンケーキを初めてつくりました。どうしても食べたい。レシピを見ながら、フワフワになるように焼いた。厚さは3センチぐらいかな。フルーツを山盛りにしたトッピングで食べました」

――ファンへメッセージを。
 「皆さま、コロナウイルス感染症の影響で大変な毎日。しかし、ひとりひとりが気をつけて、感染拡大を防ぎましょう。コースで元気な姿をお見せしたい。ファンの皆さまにお会いできることを心から願っております!!コロナに負けるな!!!」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter