ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2020.9.12

ホームアドバンテージ 田辺がひかり輝いた

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山県)第3日

 田辺ひかりが5バーディー、ノーボギーの67をマーク。通算10アンダー、2位タイで最終日へ挑む。

 「10アンダーで最終日を迎えるのは初めてです」。信じられないといった表情だが、ナイスプレーに笑みがこぼれる。今大会はショットが好調だ。この日もピンを差すような切れ味が際立った。印象に残るのは、18番の第3打。残り90ヤードから、50度で50センチにつけた。勢いを残したままだ。

 好調の要因は、ホームコースのひとつにあげたJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部。広島県福山市の実家から、車で40分弱と近い。自宅通勤だ。「中学生の頃からプレーしている」という。今年も開幕前に10ラウンド以上まわっているそうだ。

 ただし、「何度プレーしても、本当に難しい。いつも風が強い。フェアウェー、グリーンにアンジュレーションがあって、うまく使えないと好スコアにつながらない。最終ホールまで、ものすごくしんどい。そういえばあまり、60台のスコアを出した記憶がありません」と気を引き締めた。

 練習が終了すると、感謝を込めながら入念に使用した用具を手入れする。クラブは当然だがキャディーバッグ、シューズもすべて。「グリップを特にきれいにしないと、ショットの時にしっくりこない。ピカピカの道具は気持ちがいいです」と話した。用具を大切にすることは、自身を磨くことにつながる。

(オフィシャルライター・宮脇 廣久)

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter