ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2020.11.19

西村優菜が首位 2連続+5連続の妙技

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

第39回大王製紙エリエールレディスオープン エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)第1日

 今季JLPGAツアー初Vを飾った西村優菜が、5連続バーディーの離れ業を披露。65をマークし、堂々の首位発進を決めた。インスタートの10、11番で連続バーディー。12番でボギーを叩いたものの、真骨頂を披露したのは前半の最終ホールの18番からだ。

 125ヤードの第2打を6メートルに寄せてバーディーを奪い、勢いが後半でも加速した。1-4番まで、立て続けに10→7→4→2メートルのバーディーチャンスを決める。「ロングパットがたくさん入ったので、私もビックリ。そこまで入るとは思っていなかった」と屈託がない笑顔は若さの特権だろう。

 そして、「前半、ショットが乱れていた。プレーの組み立てが難しかったけど、ガマンをしていたら、後半になって良くなったと思います。序盤からパッティングの調子が良かったから、助かりました」と振り返る。また、ポイントとして、「(後半から)アドレスで少し、力を少し抜いたことが良かったのかもしれない」と語った。

 第1日、賞金ランキング1位の笹生優花、同2位の小祝さくらとのペアリング。貴重なチャンスを生かし、2人の持ち味を冷静に観察した。「飛距離が出るお二人は、プレーがダイナミックです。それだけではありません。笹生さんはパッティングのストロークが良く、アプローチが多彩でした。それから、小祝さんもすごかった。スタイルはダイナミックでも、手堅いプレーをする。柔軟を両方、兼ね備えていました」。しかし、自身も気後れするようなところが皆無だったことは確かだろう。

 樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメントの優勝で、2022シーズンの賞金シード権を確実にした。「私のプレースタイルが、だいたいできてきたと思います。さらに、自己分析ができるようになっている。おかげさまで試合中、なんで-と悩むことがなくなった。悩みや不安を解決できる。試合では、それが大きい」と頷いている。ジャイアントステップとなった初優勝。この日の最終ホールをバーディーで締めくくった。2勝目が、早くやってきそうなたたずまいである。

(メディア管理部・鈴木 孝之)

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter