ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.4.8

明日へ-ひとこと 最新情報

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

富士フイルム・スタジオアリス女子オープン 花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース(兵庫県)

稲見萌寧
「今大会には初出場です。優勝した次の日からショットが崩れている。疲れもあるのかな。うまく調整していきたい。コースも初めてラウンドしました。グリーンが小さいですし、かたいところもある。グリーンまわりはアプローチが大事になる。ショットでチャンスをつくっていきたい」

岡山絵里
「集中して、気合入れて、今週も優勝目指してがんばります。調子は、良くもなく悪くもない。ショットがパーオンするのが少なくなっているが、アプローチがいい。ですので、パーをひろえている。心配はありません」

高橋彩華
「ショットがあまり良くない。まずは、予選通過できたらいい。あまり好きではないコース。さくっとゴルフがしたい。(先週のことは)引きずっていません。今週は新たな気持ちでがんばりたい」

西村優菜
「毎日60台が目標です。特にいつも練習しているコース。ワクワク感もありますし、上位に行きたいという気持ちも強い。緊張すると思いますが、それも楽しんでプレーできたらいいですね。砲台グリーンが多いので、セカンドショットの距離感が大事になります。ただ、数ホール、グリーンがすごくかたくて速いホールがある。ピンポジションによっても変わってきますが、グリーンに乗せるよりも手前からアプローチした方がイージーなこともある。そういったコースマネジメントのメリハリが大事になる」

山下美有夢
「初めて関西での試合。とても楽しみにしていました。状態は前週に引き続き、いいですね。試合が終わった直後は、疲れを感じましたが、しっかりケアしました。優勝を意識するようにはなりましたが、新たな気持ちで上位を目指してがんばりたい。思い出のあるコースです。小学生4年と6年のときに、スタジオアリスジュニアカップで優勝しました。森田理香子さんと一緒に写真撮影したことや質問コーナーで質問したのを覚えています」

吉本ひかる
「調子はいい感じです。毎日、2アンダー目指してがんばりたい。(コースの印象は)オフにいつも練習させていただいている。アップダウンがありますし、風も吹く。セカンドショットは打ち上げが多いので、距離感合わせるのが難しいと、きょうラウンドして改めて思いました。また、グリーンがかたい。下りがはやいので、気をつけたい」

吉本ここね
「(目標は)スコアを意識して、アンダーパーでまわれるようにがんばりたい。(コースの印象は)風が吹いたら難しい。あまりスコアが伸びていない印象。ですので、がまんが大切になりそうです。しっかりフェアウェイ真ん中にティーショットを打ってきたい。グリーンはかためですね。長いクラブで狙うと(グリーン上で)止まらない。アプローチが大事になる」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter