ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.4.24

明日へ-ひとこと 最新情報②【39thフジサンケイレディスクラシック】

<Photo:Masterpress/Getty Images>

39th フジサンケイレディスクラシック 川奈ホテルゴルフコース 富士コース(静岡県)第2日

テレサ・ルー(10位タイ:-4)
「ゴルフの内容は悪くない。あすも我慢して、パッティングが入ればスコアにつながると思います。アイアンの調子が良かったので、バーディーチャンスがたくさんあった。前半はパッティングが入らず、イライラしていた。最後に18番で10メートルのバーディーパットがやっと入りました」

西村優菜(10位タイ:-4)
「目標はトップ10入り。そこをしっかりクリアすることと、60台でプレーをしたい。きょうは危なげなくプレーできたが、上がり3ホールのプレーがもったいなくて、悔しい。でも、全体的にいいゴルフができた。(コースは)風があまり吹かなかったので、難しくは感じなかった。グリーンが小さいので、セカンドショットが難しい。高麗グリーンが苦手なので、自分が決めたところに自信を持って打たないといけないという難しさを感じた」

大出瑞月(10位タイ:-4)
「きょうと同じように、気楽にラウンドできたらいい。アンダーパーを目指したい。(今日は)3連続バーディーもありましたし、ショットが良かったのでしょう。縦の距離がすごくいい。バーディーパットは5メートル以内でした」

佐伯三貴(18位タイ:-3)
「失うものはない。あすもアンダーパーを目指して頑張ります。18番のバーディーでギャラリーのみなさまの大拍手に感激しました。出場して本当に良かった。きょうはいい距離のパッティングがよく決まりました」

金田久美子(18位タイ:-3)
「ベストを尽くします。また、パッティングを調整して、たくさんバーディーをとりたい。 第1日はドライバーもアイアンも曲がっていた。きのう練習場で、ラインではなくスパット(アドレスの基準となる目印)を見つけて、そこに集中して打つようにしたらショットがよくなりました」

永峰咲希(23位タイ:-2)
「ショートアイアンでつけたかったところで、つけられなかった。あすはそこをコントロールしていきたい。序盤でボギーが続いてしまったのもそうですし、終始チャンスがあまりなかった」

原英莉花(34位タイ:-1)
「腰の状態は気になりますが、できるだけ攻めて、パッティングも強い気持ちを持って打っていきたい。上手くパッティングを決めきれなかったところから流れを作れなかった。でも最後の2ホールは、ボギーになりそうなところを耐えられた。そこは良かった」

小祝さくら(39位タイ:0)
「あすは最終日。いいプレーができるようにがんばります。なんとか予選通過できてよかった。16番のバーディーが大きい。カットラインを気にしながらのプレーはハラハラドキドキしました。(17番のバーディーパットは)入ったと思いましたが…。でも、自分がイメージした通りに打てたのでしょうがないですね」

イボミ(39位タイ:0)
「ショットの感じがきのうほどはよくなくて、プレー中にスイングのことを考えすぎてしまった。それでも決勝に進めてよかった。あすはいい流れを作れるように、いいプレーをしたい。上がり3ホールで、3連続ボギーは残念です。海からの風が冷たく、体が思うように動かなかった」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter