ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.7.18

最新情報ーGMO&サマンサカップー次戦へひとこと②

<Photo:Yoshimasa Nakano/Getty Images>

GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ イーグルポイントゴルフクラブ(茨城県)最終日

古江 彩佳(14位タイ:-7)
「(次週から海外遠征)メジャーですので、予選通過を目指して頑張りたい。全英女子オープンが終わったら、帰国予定です。国内の次戦は日本女子プロゴルフ選手権。ゴルフ自体は3日間でいうと第1日から最終日に向けて、徐々にいいゴルフが出来てきた。ミドルパットが入らないのは仕方ないが、上位にいくためにバーディーが欲しかった」

鶴岡 果恋(14位タイ:-7)
「調子を維持しながら、上位で争ってシード権を目指したい。予選ラウンドはショットが良かったが、パッティングが入らず苦しいゴルフでした。最終日、チャンスについたところは獲ることができたので、良かった。最近、調子が上がってきている。それをキープして、今週に臨むことができました」

仲宗根澄香(14位タイ:-7)
「今年中に勝ちたい。状態がいいうちに常にいい準備をして、今回のように上位争いをして早く勝ちたい。きょうはダブルボギーを打った後、割り切って来週につながるゴルフをしようとしたのが、後半4バーディーに繋がりました」

鈴木 愛(49位タイ:-2)
「前々週、優勝できたが、これに満足することなくたくさん優勝できるよう頑張りたい。後半戦に入ったばかり。体調に気をつけて最終戦まで体力が持つようにトレーニングしていきたい。パッティングはいい感じで打っていたが、ラインが合っていなかった。チャンスもあった。3メートルを8回外している。調子は悪くないが、うまくいかない3日間でした」

脇元 華(61位タイ:0)
「不調が続いていたので、この試合で予選通過できたことは、うれしかった。目指しているところは優勝なので、そこに1歩ずつ力をつけていって、次週からまた気持ちを新たに頑張っていきたい。凡ミスが続いて、前半でスコアを落としてしまった。本当にもったいないホールばかりだったので、悔しいラウンドになりました」

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter