ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.9.24

再び広島 またも竹山佳林が-

<Photo:Toru Hanai/Getty Images>

 2020-21シーズンJLPGAステップ・アップ・ツアー第19戦『2021 中国新聞ちゅーピーレディースカップ』(賞金総額2,000万円、優勝賞金360万円)大会第2日が9月24日、広島県廿日市市の芸南カントリークラブ(6,530ヤード/パー72)で行われた。5位タイからスタートの竹山佳林が、通算8アンダーで首位へ浮上。2打差の通算6アンダー、2位へ地元・広島県出身の石川怜奈がつけている。また、2週連続Vを目指す岩井明愛が4位タイへ。
(天候: 曇り時々晴れ 気温: 24.6℃ 風速: 3.0m/s)

 67のスコア。竹山佳林はノーボギーの内容を評価した。忍耐の後半。18番はモヤモヤを一掃する、爽快なプレー。残り80ヤードの第3打を58度で、1.5メートルにつけ、楽々とバーディーフィニッシュを決めている。「狙い通りのバーディー。気持ち良くフィニッシュできました」と笑顔を浮かべた。

 ピンチは10番で訪れる。「ハーフターンでリーダーボードを見ました。私がトップ…。知らない内に、力が入ったかもしれない」という。第1打が大きく左へ。隣のホールまで行くかと思われたが、ボールは木に当たりラフへ落ちた。ところが、ツキも味方。「視界が開けていて、グリーンが狙えたことが大きい」。全集中、パーセーブで切り抜けた。

 とはいえ、息を抜くヒマなどなし。今度は、チャンスをつくってもバーディーパットが決まらない。「集中力が途切れることはなかった。それも、10番のミスがあったからでしょう。とにかく1打、1打を大切に落ち着いてプレーできた」と振り返る。

 昨年11月、ダイクレレディースカップでステップ初優勝。テレビ解説をつとめた、岡本綾子の目前で完全Vを達成した。指導を受けているだけに、忘れられない思い出になった。「岡本さんから、バックナインに強くなれ、といつも言われています。だからあすも、バックナインが勝負」と気を引き締める。今回もテレビ解説は、その岡本である。これぞ、プロ冥利というものか。

(ステップ・アップ・ツアー担当=新納 智明)

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter