ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.9.24

あふれるVへの希望 植竹2位スタート

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

第48回ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 利府ゴルフ倶楽部(宮城県)第1日

 今度こそ初勝利。植竹希望が首位へ1打差の2位タイと、好スタートを切った。前週まで3戦連続でトップ5をキープ。6バーディー、1ボギーの67も、「パーは68だと思ってプレーしている。今のJLPGAツアーでは、そのレベルでプレーしなければ勝てません」とキッパリいう。今大会もまたチャレンジである。

 そんな意気込みは上下ともに白のウェアに表れていた。「気分が違います。今回もゼロからスタートする、清々しい気持ちになれるからです」と説明を加える。前週はプレーオフ進出を目前にしながら、18番でよもやの池ポチャが-。この日もハイライトは最終ホールだった。6Iの第3打がアゲンストの風に阻まれ、バンカーイン。ボールは、砂の目玉となるライでよもやの大ピンチを迎える。しかし、最悪を想定し最善に備える練習が現実のものに。迷いがない集中力は、ピン横50センチにピタリと寄せるスーパーショットとなった。見事なパーセーブである。

 「目玉のライが好きです」とボルテージが上がった。「男子プロから指導を受け、まったく怖くなくなった」という。積極的に教えを乞う姿勢は、「私のカテゴリーより、上の感覚を知りたい。プレーをしたいからです」と向上心の源を言葉にする。さらに、「年々、ゴルフに対する熱量が上がっている」とも。

 一方、秋を迎えて快進撃を支えるのは、ゴルフ5レディスの経験からだ。「ハイスコアになることはわかっていた。ということで毎日、パー・68の目標を立てた」。そして、どうだったかといえば68→70→66。トータルは204ストロークだ。1日平均、68を達成。3位タイと健闘して、「他のコースでも同じようにやっていけばいい。スコアが伸びる」と独自のスタイルを構築する。

 仮に今回、優勝を飾れば98年生まれの黄金世代で、10人目のツアーウイナーとなるものの、「何人目とか、興味がありません。早めに勝ちたい。それだけです」と控えめに話す。高い設定は目標だけではない。志の高さも同様だった。

(オフィシャルライター・宮脇 廣久)

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter