ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2022.10.13

最新情報ー富士通レディース 2022ー明日へひとこと

<Photo:Yoshimasa Nakano/Getty Images>

富士通レディース 2022 東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)

稲見萌寧  
 「今週、いくつかクラブを替えています。(コースは)例年通りです。少し気温が下がってきているので、体調に気をつけたい。(気になるホールは)パー5でしっかりバーディーを獲りたい。距離があって難しい6番、18番はしっかりパーでいきたい」

山下美夢有  
 「しっかり自分のゴルフをして上位で戦いたい。(ポイントは)グリーンが大きくて、傾斜が強い。攻めていくところと攻めないところを見極めることが大事になりそう。(グリーンを)外した時にアプローチなどが難しくなる。3日間、しっかりアンダーパーでまわれるようにがんばりたい」

柏原明日架 ☆富士通所属
 「第1日からいいペアリングです。がんばっていきたい。少しずつ自分の思った通りのショット、パッティング打てるようになってきています。楽しみです」

佐久間朱莉  
 「TOTOの出場権を確定させることが今週の目標です。(調子は)少しずつ良くなってきている。特に、長い距離のパッティングが入る回数が増えてきた。グリーンのコンディションがすごくいい。思ったところへ打てれば入る。しっかりがんばりたい」

佐藤心結  
 「今週はボギーを打たないことがテーマです。ショートサイドに外した時に難しくなる。ですので、ショートアイアンとショートパットを重点的に練習しました。(コースは)ラフがそこまで長くない。思い切って攻めていけそう。特にパー5では、確実にバーディーを獲りたい。マネジメントをしっかりしていきたい」

馬場咲希(アマチュア)  
 「体調は万全です。きょうは、準備体操をしっかりして、練習場へ行って練習します。パッティング勝負になる。ピンを攻めたショットを打って、パッティングを決めていきたい。(コースの印象は)グリーンの傾斜があまりない。プロのみなさまはパッティングを決めてきそうだなぁ。あすはディフェンディングチャンピオンの古江さん、吉田さんと同組。すごくうれしい」

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • DAZN_バナー
  • U-NEXT_バナー