ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2022.11.2

最新情報ーTOTO ジャパンクラシックー明日へひとこと

山下美夢有<Photo:Yoshimasa Nakano/Getty Images>

TOTO ジャパンクラシック 瀬田ゴルフコース北コース(滋賀県)

古江彩佳 
 「今大会は予選落ちがありません。4日間、自分のプレーができればいいですね。調子はボチボチです。グリーンの傾斜の気をつけたい。パーセーブしたり、上りのパッティングを残せばストレスなくプレーができます。あす、西村さん、ミンジー・リーさんとご一緒できる。とても楽しみ」

山下美夢有 
 「上位で戦って、優勝をめざしたい。(コースは)グリーンが難しい。手前から攻めていくことが大事になる。ただ、ショットが左右にぶれると、砲台グリーンでアプローチが難しくなる。ショット力も必要になりますね。畑岡さんとは初めて一緒にまわります。すごく楽しみです」

西郷真央<Photo:Yoshimasa Nakano/Getty Images>

西郷真央 
 「あすはすごい組み合わせで、びっくりしました。でも、すごく光栄なこと。がんばります。今、調子いまひとつです。特にティーショットの調子が良くない。あした、試合が始まってみて、どのくらい修正できるかがポイントになる」

西村優菜<Photo:Yoshimasa Nakano/Getty Images>

西村優菜 
 「関西での試合は、自然と力が湧いてくる。がんばろうという気持ちも強くなります。それをプレーにつなげたい。第1日からすごく良いペアリングにしていただいて、すごくうれしい。古江さんはもちろんですが、ミンジー・リーさんと初めて一緒にまわる。楽しみです」

申ジエ<Photo:Yoshimasa Nakano/Getty Images>

申ジエ 
 「久しぶりにUSLPGAの選手と試合ができる。うれしいです。日本ツアーのレベルもあがっている。みんな、どこまでいけるか楽しみです。この大会には何度か勝っていますが、まだ瀬田ゴルフコースで優勝したことがありません。このコースで勝ちたいですね」

畑岡奈紗<Photo:Yoshimasa Nakano/Getty Images>

畑岡奈紗 
 「(調子は)いまひとつです。特にショットの感触が良くない。(コースは)3年前より距離が伸びており、ボールが落ちるところが狭くなっている。どこへ打つかがポイントになる。パー5でリズムを作っていきたい」

笹生優花<Photo:Yoshimasa Nakano/Getty Images>

笹生優花 
 「とても楽しみにしていました。盛り上げられるようにがんばります。調子もまぁまぁです。いつも通り楽しんでプレーしたい」

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • DAZN_バナー
  • U-NEXT_バナー