ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2015.4.14

アマチュアの新垣比菜 唯一のアンダーパーで単独首位発進

 2015年ステップ・アップ・ツアー開幕戦『ラシンク・ニンジニア/RKBレディース』(賞金総額1,500万円、優勝賞金270万円)の1日目が、福岡県福岡市の福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,293ヤード/パー72)で行われた。

 大会初日は、雷雲の接近により、途中約1時間の競技中断を挟んだが、17時過ぎに全選手がホールアウト。アマチュアの新垣比菜が、この日唯一のアンダーパーとなる71をマークし、単独首位に立った。1オーバーの2位タイには、今年からツアー参戦の村田理沙や、ウェイティングから繰り上げ出場した小竹莉乃など、7名が続いている。(天候:曇り時々雨、気温:14.7℃、風速:4.1メートル)

 並み居るプロたちを抑え、この日唯一のアンダーパーで単独首位発進を決めた新垣比菜。「今日はアイアンショットがキレてましたね。後半は特に完璧に近かったです」と風やアップダウンも物ともせず、3番、5番で1メートルにつけた。「このコースは2回目です。中2の終わりの九州強化合宿で一度回っただけ。昨日の練習ラウンドでは、狭くてアンダーを出すの難しいなと思ったんですけど、今日(アンダーが)出てビックリしました」と満足顔。

 レギュラーツアーでは、今年の『ダイキンオーキッドレディス』で3年連続ベストアマを獲得するなど活躍しているが、ステップ・アップ・ツアーは今回が初めての出場となる。「今日みたいにアイアンショットがキレてたらいいなと思います。(優勝は)ちょこっと狙ってます(笑)」と控えめな笑顔で締めくくった。キレのあるアイアンショットを武器に、ステップ・アップ・ツアー初出場での初優勝を目指す。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ