1. ホーム
  2. ニュース&トピックス
  3. 最新情報ーRKB×三井松島レディスー明日へひとこと

2024.5.11

最新情報ーRKB×三井松島レディスー明日へひとこと

岩井千怜<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

RKB×三井松島レディス 福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県)第2日

岩井 千怜(1位タイ:-7)
 「最終日のために17、18番でバーディーをとりたかった。なかなか思い通りにはいかない。自分を追い込み、必死にプレーしたけど残念…。ただ、スコアを伸ばすことができたし、ノーボギーのラウンドは良かったと思います。
 きょうはプレーが安定していて、ピンチはあまりなかった。また、ショートゲームの精度が今大会は上がっている。連覇は狙っているけど出場する大会は、優勝-と気持ち。あすも全力でプレーします」


高橋彩華<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

高橋 彩華(4位タイ:-5)
 「きょう良かったことは第1打の精度。きのうは林へ何度かボールが打ち込んで大変でした。おかげでフェアウェイからピンを狙うショットを打てると、バーディーチャンスが増えますね。ただ、私の感覚ではスイングがちょっと遅すぎるような…。でも、動画撮影すると、ちょうどいいのが不思議です。
 あすは母の日。ようやく、すべてのクラブがまとまってきたように思う。優勝したい。きょうのようなプレーができれば、チャンスはありそうですね。ただ、天気予報は下り坂ということですけど…」


菊地絵理香<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

菊地 絵理香(4位タイ:-5)
 「アップダウンの激しいコース。セカンドで距離感を合わせることが難しかったです。それにきょうは風の影響も大きかったですが、その中で、ノーボギーで回れたことは良かったと思います。高低差を攻略するうえで大事なことはセカンドショットをいかにフェアウェイから打つか。あすは若い選手もどんどんスコアを伸ばしてくると思うので、しっかりと伸ばせるように頑張ります」


菅沼菜々<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

菅沼 菜々(4位タイ:-5)
 「きょう一日、パッティングもショットもいい感覚ではありませんでしたが、調子が良くないなかでは、まずまずだったかなぁ…。あす、天候が悪いことが予想されるので、トップに並んでおきたかった。最終ホールでのボギーは残念です。今シーズンの初優勝はあまり気にしていません。調子が悪いなりに上位でフィニッシュできているので、この調子で頑張りたいです」


小祝さくら<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

小祝 さくら(4位タイ:-5)
 「最終ホールのバーディーはすごくうれしい。でも、17番は距離が短いから、狙っていました。ボギーにしたことが残念。後半は、いいプレーができなかったことが反省材料です。
 最終日の予報は雨。距離感が変化するので、精度が第一。これから即、修正します」

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索