1. ホーム
  2. ニュース&トピックス
  3. 竹田麗央、300ヤードドライブで首位奪取

2024.5.17

竹田麗央、300ヤードドライブで首位奪取

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

 JLPGAツアー2024シーズン第12戦『ブリヂストンレディスオープン』(賞金総額1億円、優勝賞金1,800万円)第1ラウンドの残りと第2ラウンドが5月17日、千葉県千葉市・袖ヶ浦カンツリークラブ袖ヶ浦コース(6,731ヤード/パー72)で行われた。前日と打って変わって好天となったこの日、2日連続で67をマークした竹田麗央が通算10アンダーで単独首位に立つ。2打差の通算8アンダー、単独2位に髙木優奈。通算7アンダーの3位タイに河本結と岩井明愛が並ぶ。
(天候:晴れ 気温:22.6℃ 風速:4.7m/s)
《グリーン=スティンプ:12フィート コンパクション:23.5mm》

 ドライバーの飛距離には強いこだわりがある竹田麗央が、度肝を抜くショットを見せた。2番パー5でのティーショットだ。右にほぼ直角に曲がっているドッグレッグホールだが、「思い切ってショートカットを狙いました」と、竹田は谷越えのショットを選択。クラブフェースの芯でとらえたボールは狙いどおりに谷を越えてフェアウェイをキープ。

 「300ヤード以上は飛んでいたと思います」と竹田自身も納得の1打だった。この日はティーイングエリアからピンまでが500ヤードあり、第2打は残り175ヤード。単純計算すると325ヤード飛ばしたことになるが、ドッグレッグした分を差し引いても300ヤード前後は飛んでいたと推測される。前週のRKB×三井松島レディスでは、ドライバーを使えるホールが少なかったこともあり、開幕戦以来の予選落ちを喫した竹田。今大会はツアーでも屈指の長さを誇るだけに、ドライバーを存分に振り回せる。飛ばし屋の竹田にとっては打ってつけのコースだろう。

 もちろん、ゴルフは飛ばし合いが目的ではない。ドライバーの飛距離をスコアに活かしてこそ意味がある。そのことを竹田自身は百も承知。「4つあるパー5のうち、2つは乗ると思うので、しっかりそこでスコアを伸ばしたいです」と、大会前に語っていた。実際、スーパーショットを見せた2番では6番アイアンで2オンに成功。8メートルを沈めてイーグルを奪った。

 最終的に通算10アンダーで単独首位に立った竹田だが、そのうちパー5だけで9アンダーと、荒稼ぎしているだけに、この2日間はまさに有言実行のゴルフを展開して見せた。


<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

 実は、大会前日に行われたプロ・アマトーナメントのときにあるヒントをつかんでいた。自分のスイングを動画で撮影して気付いたことだ。「ダウンスイングの切り返しで上体が目標方向に突っ込み気味だったので、そうならないように修正しました」。上体が突っ込むと、バックスイングで貯めたパワーをボールに伝えきれない。特に、竹田の場合、インパクト後も頭をアドレスの位置にしっかりと残すタイプだけに、なおさらだ。

 スイングの修正を行ってすぐに効果を発揮するところが竹田のすごさでもあるが、ここ2試合での不調から見事に好調モードへと移行した。

 強い選手ほどマイナス要素をプラスに変換するのが上手いという。竹田も前週の試合で予選落ちした後は、ゆっくりと休養にあてた。「体もそうですが、オーダーしていた野球のグラブが届いていたので、型をつくっていたらリラックスできました」。山下舜平大選手モデルのグラブらしいが、なんと硬式用で色はピンクとこだわりがある。

 心身ともにいい状態で今大会を迎えただけに、首位で決勝ラウンドを迎えるのも当然かもしれないが、今季挙げたツアー2勝はいずれも3日間大会でのもの。自身初の4日間大会制覇に向け、残り2日間ではさらにギアを上げていくつもりだ。

(山西 英希)

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索