1. ホーム
  2. ニュース&トピックス
  3. 持ち球変更は大成功 大里桃子が3年ぶりのツアー3勝目

2024.6.9

持ち球変更は大成功 大里桃子が3年ぶりのツアー3勝目

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

 JLPGAツアー2024シーズン第15戦『宮里藍サントリーレディスオープンゴルフトーナメント』(賞金総額1億5000万円/優勝賞金2700万円)大会最終日が6月9日、兵庫県神戸市・六甲国際ゴルフ倶楽部(6526ヤード/パー72)で行われ、大里桃子が通算12アンダーで、3年ぶりのJLPGAツアー3勝目をあげた。2打差の通算10アンダー、2位に山下美夢有。通算9アンダー、3位タイに吉本ひかる、内田ことこ。
(天候:曇り時々雨 気温:20.7℃ 風速:4.1m/s)
《グリーン=スティンプ:13フィート コンパクション:23.5mm》

 ラウンド中はとにかく集中力を切らせたくないと思っていたこともあり、厳しい表情が多かった大里桃子だが、最終18番パー4で約2メートルのウイニングパットを沈めた後、ようやく笑顔を見せた。「本当はガッツポーズしたかったんですけど、ホッとした気持ちの方が強くて出せませんでした。それがちょっと悔しいですね」。久々に初日から優勝争いに絡んだことで、身体的にはもちろん、精神的にも疲労が蓄積していたのだろう。実際、大里にとっては最後まで気の抜けない72ホールだった。

 最終日を首位と1打差の2位タイでスタートしたものの、3番パー3でボギーを叩く。左サイドに立っていたピンを積極的に狙ったが、左に引っかけてしまい、難しいアプローチを残したことが原因だった。それでも、この日は逃げないことをテーマにしており、ボギーをマイナスに考えたりはしなかった。続く4番パー5でバーディー奪い、バウンスバックできたことが、それを証明している。

 その攻めの姿勢を最後まで貫き通したからこそ、通算12アンダーまでスコアを伸ばして優勝したわけだが、技術的な裏付けがなければ攻めることはできない。今回、大里に安心感を与えていたのがドライバーショットだ。元々アイアンショットには自信を持っていたが、昨年はパーオン率が65.7912パーセント(60位)と不振だった。ティーショットがラフに入ることが多く、フェアウェイから打つ機会が少なかったからだ。ところが、フェアウェイをとらえる確率が上がったことで、パーオン率が72.1553パーセント(6位)と一気に上がっている。

 「昨年夏から球筋をフェードボールに変えたことが幸いしました」。8月末の日本女子オープン最終予選で試しに打ったフェードボールが思いがけないほどいいショットだったことが、球筋を変えるきっかけとなった。その後はスイングにおける体の使い方を変えたことで、さらに安定したショットを打てるようになった。QTファイナルステージで5位となり、今季前半戦の出場権を得たが、「もしも夏にフェードを打たなかったら、今回の優勝どころか、今年は試合に出場できなかったかもしれません」とまで言い切る。


<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

 18年に初シードを獲得し、昨年までシード選手として5年間戦ってきた大里。その間、2度の優勝を飾ったが、昨年ついにシード権を手放した。「最近はどんどん若い選手が上に来るので、その分、自分がシード圏内から追い出された感じです」と振り返る。ただ、前週のヨネックスレディスで新垣比菜が優勝したり、全米女子オープンで渋野日向子が2位となったことで、まだまだ下の世代には負けないぞという気持ちにもなった。

 これで大里の98年世代は今季5勝目、JLPGAツアー通算48勝目となった。今大会優勝者と2位の選手には全英女子オープンの出場権が与えられるが(出場資格保持者は除くため、その際は順位が繰り下がる)、大里と吉本ひかるが獲得した。小祝さくらも、今大会終了時のメルセデス・ランキング上位3名に与えられる同大会出場権を獲得。ぜひ海外メジャーでも黄金世代が鎬を削ってほしいものだ。

(山西 英希)

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索