ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2015.8.7

成長した中村香織が今季ステップアップ2勝目を飾る!

 2015年LPGAステップ・アップ・ツアー第8戦『KCFG レディースゴルフトーナメント』(賞金総額1,500万円、優勝賞金270万円)の最終日が、佐賀県武雄市の武雄ゴルフ倶楽部(6,320ヤード/パー72)で行われた。

 大会最終日は、3位タイからスタートした中村香織が2日連続となる68ストロークをマークし、通算8アンダーで初代チャンピオンに輝いた。この優勝で『エディオンレディースカップ』に続き今季2勝目、ステップ・アップ・ツアー通算3勝目を飾った。7アンダーの2位タイには池内絵梨藻、前田久仁子、横山倫子、ベイブ・リュウの4名が入った。(天候:曇りのち晴れ、気温: 32.4℃、風速:2.3メートル)

 「18番の緊張した中で、思ったとおり打てたのが良かった」と、3打目を得意の90~100ヤードに残せたのが勝因と語った中村香織。「ここイチってときはこの距離を残すように計算するんですが、93ヤードに残せた。18番でボードを見て"バーディーを取らなきゃ"って思って取れたので、自分を褒めてあげたいと思う(笑)」と、3打目をこの距離に残した時点で勝利を確信。ピン上1メートルにつけ、危なげなくバーディーを沈めて優勝を飾った。

 「エディオンの時も最後(18番パー5)3打目を99ヤード残しでバーディーが取れて優勝出来たんですけど、あの時は調子も良かったのでイケイケゴルフでした。でも今回は調子が良くなかったんですけど、全ホールバーディー取らなくてもいいし、2日間トータルのスコアを考えて、得意なホールはバーディーを取るって少しずつ積み重ねていきました。以前はバーディーを取らなきゃって気持ちが先行して、崩れたりしたんですけど、今回は気持ちを抑えつつ、でも隠さず、自分で気持ちを乗せていけるように出来たので、そこが成長したと思います」。

 『エディオンレディースカップ』優勝からレギュラーツアーを経験し、成長を見せた中村。「プロアマで回った時に今回のコースは4つ4つでいけたら優勝出来なくても自分の中では満足かなと思っていたんですけど、本当に昨日も今日も4アンダーで、しかも優勝出来たので良かったです。調子が悪くてもアプローチパターには自信があるし、カバー出来る自信があったので、気持ちを切らさず不安にもならなかった」。不調でも自己設定したノルマをきっちりクリアし、優勝を勝ち取った。

 この優勝で再びレギュラーツアーの出場権を獲得。「レギュラーは(順位が)より顕著に出ると思うので、アプローチと、特にパッティングをいいイメージで出来るようにしたい。前回はヨネックスで10位に入って、モンダミンやサマンサでも上位争い出来たんですが、メンタル的に自分で追いつめたところがあったので、次の4試合では今回学んだメンタルの運び方を生かして、それができたら優勝争い出来ると思います」。成長した中村香織が、再びレギュラーツアーに挑戦する。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA公式 facebookページ