ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2016.6.25

大会2日目 コメント集

ユピテル・静岡新聞SBSレディース 静岡カントリー浜岡コース(静岡県) 2日目

山城 奈々(2位タイ:-6)
「パッティングが良かったですね。ショットも悪くないし、アプローチも前に比べれば良くなってきているので、ミスしてもパーが拾えている。昨日も今日も後半になって、自分のミスが出てきているので、もう少し安定したゴルフをしたい。明日は明日。優勝は意識せず、我慢しながら耐えるゴルフをしたい。自分との戦いですね」

村田 理沙(2位タイ:-6)
「今日はそんなにピンチっていうピンチはなかったけど、昨日の方がショットは良かった。ピンにつけたいところでつけられなかったけど、ロングパットのタッチが合っていた。バーディー2つは両方長かった。(バースデイウィークの優勝)したいですね。パッティングも気持ちも強くいきたい」

仲宗根 澄香(2位タイ:-6)
「(首位スタートも)思ったより緊張しなかった。楽しもうかなという気持ちでスタート出来た。今日もずーっと14番までパーオンしていたので、その部分は自分の中で緊張しちゃった。そしたら15番でグリーンを外しちゃって…。アプローチいつ振りかなって感じでした(笑)。今日は消極的だったので、明日はどんどん上を見てバーディーを獲っていきたい」

鈴木 麻綾(5位:-5)
「今日は本当にショットが良かったので、後はパットがどれだけ入るかが勝負でした。もうちょっと入って欲しかったけど、67でノーボギーなんで(自分を)許そうかな。朝イチからバーディースタートで、流れも良かったです。16番でしっかりバーディーを決める事が出来た。あれは大きかったですね。(明日は)パー5はチャンスホールなので、パー5でどれだけ獲れるかですね」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ