ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2016.7.27

「純粋にゴルフを楽しむ!」 槇谷香が首位タイ発進

 2016年LPGAステップ・アップ・ツアー第11戦 『カストロールレディース』(賞金総額1,500万円、優勝賞金270万円)の1日目が、千葉県市原市の富士OGMゴルフクラブ 市原コース(6,502ヤード/パー72)で行われた。大会初日は、ステップアップツアーで優勝経験のある広島県出身の槇谷香と、昨年プロテストに合格した小宮満莉花が5アンダーで首位タイに立った。1打差の4アンダー、3位には今年の『ダイクレレディースカップ』で優勝した小林咲里奈が付けている。(天候:曇り 気温:25.9℃ 風速:1.6m/s)

【大会公式ホームページはコチラ】

 「気持ちいいですね」とノーボギーフィニッシュを素直に喜んだ槇谷香。「今日はショットの距離感が合っていた。番手の選択やボールの高さや強さなど頭の中でイメージしたとおりに打てた。打つ前は風に対しての高さや強さ、ライに対しての番手の選択とか、いろいろイメージするけど、狙いを決めたら頭をスッキリさせてシンプルに打てました」。最初にバーディーを奪った5番は9メートルだったが、それ以外のバーディーは3メートル以内につけ、5バーディー、ノーボギーの67をマークし、首位タイで初日を終えた。

 大の広島カープファンでもある槇谷は、現在セ・リーグの首位を独走しているカープの快進撃を自分のエネルギー源に変えているという。

 「元々スロースターターで、初日はスコアを出せずに2日目に盛り返す事が多かったけど、今年からショットの状態も良くなり、やりたい事が出来るようになってきた。今年は、広島カープも変わったし、カープファンの私も見習わないと(笑)。今年のカープは新井さんの2000本安打や黒田さんの200勝など記録尽くしですよね。スポーツは違うけど、優勝という目標に向かって選手の皆さんが必死に頑張っているので、感動をもらっています。自分も黒田さんの200勝に感動し、やる気も出ました」。

 昨年のQTでセカンド落ちし、今年はステップアップツアーでの出場も限られている槇谷。「今年は推薦でしか出場が出来ないので、試合に出られるのがうれしいし、出させていただける事を心から感謝しています。いつ出場出来るか分からないので、常に準備をしています。焦る事もなく、純粋にゴルフを楽しめています。昔は父にも成績を求められていたけど、今年は"ケガせずに回ってこいよ"って見守ってくれています。成績で恩返ししたいですけど、まずは自分が楽しむ事。優勝はしたいですけど、今日みたいにゴルフが楽しければいい」。

 プロとして試合に出場できる喜びを噛み締め、明日はステップアップツアー2勝目に挑む。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA公式 facebookページ