ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2016.7.28

「最高のパフォーマンス!」 山城奈々がステップアップツアー初優勝

 2016年LPGAステップ・アップ・ツアー第11戦 『カストロールレディース』(賞金総額1,500万円、優勝賞金270万円)の最終日が、千葉県市原市の富士OGMゴルフクラブ 市原コース(6,502ヤード/パー72)で行われた。

 大混戦となった最終日は、通算7アンダーで山城奈々と佐々木慶子が首位に並び、プレーオフに突入。1ホール目で山城がチップインバーディーを奪ってこれを制し、ステップアップツアー初優勝を飾った。(天候:曇り時々晴れ 気温:28.6℃ 風速:1.1m/s)

【大会公式ホームページはコチラ】

 「優勝するなら9アンダーまでいかないと勝てない」とスタート前に目標を設定した山城奈々。5番で1.5メートルを沈めバーディーを奪うと、そこから4連続バーディー。15番を終わって、目標の通算9アンダーまでスコアを伸ばした。

 16番でこの大会初めてのボギーを叩き、通算8アンダーで迎えた最終ホール。「フェードで打っていこうと思ったらそんなに曲がらなかった。打った感じは良かったけど、いったところが悪かった」とドライバーで振り抜いたティーショットは左のラフ深くに沈んだ。「クラブ選択に迷いましたけど、結構深かったので52度のウェッジで打ちました。ライを見て、"これが優勝への試練なんだな。どうやったら勝てるんだろう"と気持ちをスグ切り替えて、悪くてもボギーで上がろうと思い直した」。優勝がかかった場面でも、無理はせずボギーにとどめ、プレーオフへと気持ちを切り替えた。

 「プレーオフでもドライバーで思いっきり振っていきました。セカンドもちょっと右にいったけど、ピンを狙っていった」と振り返るセカンドショットは、池ギリギリのカラーに止まった。「"とりあえずショートだけはしない"と思って打ったら、入ってビックリした」とピンまで7メートルの距離をパターでねじ込み、見事に優勝を決めた。「ティーショットが2日間通して良くて、ミスしても大きなミスにならなかったのが、スコアがまとまった要因ですね。自分の武器でもある得意のドライバーで最高のパフォーマンスが出来ました」。

 この優勝でレギュラーツアー4試合の出場権を獲得した山城。初戦となる『NEC軽井沢72ゴルフトーナメント』では、2014年に4位タイと好成績を収めている。「去年は出られなかったけど、一昨年の印象が良くてずっと出たいと思っていた。エンジン全開で初戦から勝ちにいきたいんですけど、今日の最後のようなアイアンショットを打っていてはダメですね。しっかり調整して全力で戦いたい」。勝って兜の緒を締めた山城が、レギュラーツアーに再び挑戦する。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA公式 facebookページ