ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.4.29

ステップアップツアー3勝目を目指し、佐々木慶子が単独首位をキープ

 2017年LPGAステップ・アップ・ツアー第4戦『九州みらい建設グループレディースゴルフトーナメント』(賞金総額2,000万円、優勝賞金360万円)の大会2日目が、佐賀県武雄市の武雄ゴルフ倶楽部(6,310ヤード/パー72)で行われた。今日も難コースに多くの選手が苦戦を強いられ、アンダーパーは3名となった。単独トップからスタートした佐々木慶子が、スコアを1つ落としたものの通算2アンダーでその座をキープ。1打差の通算1アンダー2位タイに、谷河枝里子と山本薫里。さらに1打差には、前週のパナソニックオープンレディースで優勝争いを演じた小野祐夢が付けている。(天候:晴れ 気温:23.2℃ 風速:4.7m/s)

 「内容は昨日とは真逆。距離感が合わないし、午前中はバーディーチャンスが1個もなかった」と他の選手と同様にコース攻略に苦戦した佐々木慶子。3番でボギーが先行し、4番でも連続ボギー。スコアを2つ落として通算1アンダーで前半を折り返した。「安全にいってたけど、これだけ乗らないとは…。ホールにもよるけど、昨日と違ってグリーンが止まらないから、10番からは番手を1つずつ下げていこう」と自分の経験を信じ、後半に臨んだ。

 その10番でパーオンこそしなかったもののチップインバーディーを奪い、流れを引き寄せると、11番では6ヤードを沈め連続バーディー。13番、14番は「風向きが変わったような気がしたけど、信じきれなくてショートした」と連続してボギーを叩いたが、15番では4ヤードのバーディーパットを決めて、再び単独トップに返り咲いた。「昨日はほとんど乗っていたのに、今日は11番と15番だけ。ショットが全然ダメだった。スコア的には悔しいけど、よく首位で終わったなって感じです」。

 本大会は、佐賀県武雄市で開催され今年で3回目を迎える。今年からギャラリーも観戦出来るようになり、初日と2日目合わせて約2,000人のギャラリーが詰めかけた。後半3ホールは特に難度が高いが、昨日も今日もボギーなしで上がっている佐々木。明日も多くのギャラリーが見守る中、ステップアップツアー3勝目を目指し、最終日に挑む。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ