ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.5.18

8年ぶりの勝利の味を噛みしめる 斉藤裕子がレジェンズツアー初優勝

 2017年度LPGAレジェンズツアー開幕戦 『グリーンアカデミーカップ』(賞金総額1,000万円、優勝賞金150万円)の最終日が、福島県白河市のグリーンアカデミーカントリークラブ(5,900ヤード/パー72)で行われた。

 試合終盤に一時は5名が首位に並ぶ大混戦となった大会最終日。36ホールを終えて通算3アンダーで並んだ斉藤裕子とたにひろえのプレーオフに突入した。5ホールにおよぶプレーオフの末、斉藤がレジェンズツアー初優勝を飾った。3位には通算2アンダーで井上陽子が入った。(天候:曇り時々雨 気温:16.5℃ 風速:3.5m/s)

「立ったままでいいですか?」
 優勝の喜びを聞こうとクラブハウスに引き上げてきた所に声をかけ着席を促すと、苦笑いで答えた斉藤裕子。開幕直前の日曜日、練習中に腰を痛めてしまったという。今年はオフのトレーニング不足がたたり、この開幕戦を迎えるまでにも腰に痛みを感じることが多く「プレーできれば十分くらいの感じだったので、このコンディションで結果を求めてはいない。期待しすぎないように」と挑んだ最終日だった。

 昨年、プレーオフで涙を飲んだこの大会で、1組前でプレーを終えたたにひろえと通算3アンダーで並んでホールアウト。前回は手が届きかけながらこぼれ落ちた優勝だったが、訪れた絶好のリベンジチャンスを斉藤は逃さなかった。決着はプレーオフ5ホール目。先にパーパットを沈めた斉藤に対し、たにの60cmのパーパットは無情にもカップをすり抜けた。「2人とも良いプレーをしていたので、まだまだ続くと思ってました。9ホールくらい行っちゃうと思った」と、1時間を超える激闘にも、最後まで集中力を絶やさなかった結果掴んだ勝利だった。

 LPGAツアー2勝を誇る斉藤も、2009年を最後に長らく勝利から遠ざかっていた。最後の優勝は2009年ヴァーナルレディース。奇しくも5/17のことだった。久々の勝利の味を噛みしめたのちに「私には目標が1つある。それはすべてのツアーで優勝すること」と語った。レジェンズと呼ばれる歳を迎えてなお目標を持ち続ける向上心こそ、長年第一線で戦い続けられる原動力だろう。8年の時を経て今日5/18。斉藤裕子の歴史がまた動き始めた。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ