ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.6.8

白戸由香がレジェンズツアー最多となる5勝目!

 2017年度LPGAレジェンズツアー第2戦『ふくやカップマダムオープン』(賞金総額1,000万円、優勝賞金150万円)の最終日が、福岡県糸島市の福岡雷山ゴルフ倶楽部(5,786ヤード/パー72)で行われた。

最終日は、67を叩き出した白戸由香が、レジェンズツアー通算5勝目を飾った。1打差の4アンダー、2位タイに中野晶と鬼澤信子が入った。(天候:曇りのち晴れ 気温:23.1℃ 風速:2.7m/s)

 「5アンダーでチャンスがあるかもしれない」。ハーフターンで速報ボードを見て、そう思ったという白戸由香。「今日はピン位置も振ってあったし、風もあってちょっと難しかった。半分終わって、鬼澤さんたちと並んでたし、1日勝負なのでいけるかなって思った」と2アンダーで前半を折り返した。「勝つときって運もありますよね。15番でティーショットが左に行ったんですけど、キックが良くてボールが出てきた。今日はついてるなって思いました」。その15番をパーで切り抜けると、17番でも5mを沈めバーディーを奪った。「18番は2オンしてファーストパットが15mぐらいだったんですけど、ショートして3mも残ってしまった。そのパットもショートかなと思ったら最後のひと転がりで入ってくれた。今日は私の風向きが良かったのかな(笑)」。上がり2ホールを連続バーディーで締め、優勝を決めた。

 この優勝で、レジェンズツアー最多となる5勝目をマークした白戸。「率直にうれしいです。やっぱり勝てるってうれしいですね。全部勝ち方が違うし、明日があったらわからなかった。それも含めて私は運がいい(笑)。来週は、主催者推薦でニチレイレディスに出場させてもらうんです。なかなかないチャンスだけど、出場するだけではダメだと思う。そのために春から練習やトレーニングに取り組んできたし、あの中でどれぐらい出来るか…。レギュラーツアーで戦っている鬼澤さんや斉藤(裕子)さんを見ていると本当に凄いなって思うんです。体力も技術も。1回レギュラーを離れると大変だと思う。でも、そういう選手たちと競い合えるレジェンズツアーは魅力ですよ。私も来週、レギュラーに挑戦して、自分のゴルフをもっともっと高めたい。3日間戦いたいですね」。4年間でレジェンズツアー5勝をマークした白戸が、5年振りとなるレギュラーツアーの舞台に舞い戻る。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ