ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.7.27

「長かったですね、今日も、初優勝も」豊永志帆が待望のステップアップツアー初優勝!

<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

 2017年LPGAステップ・アップ・ツアー第14戦『カストロールレディース』(賞金総額1,500万円、優勝賞金270万円)の最終日が、千葉県木更津市のザ・カントリークラブ・ジャパン(6,608ヤード/パー72)で行われた。42位タイからスタートした豊永志帆が、この日65をマークし、通算5アンダーで大和笑莉奈と並びプレーオフに突入した。プレーオフ3ホール目でバーディーを奪った豊永が、念願のステップアップツアー初優勝を飾った。1打差の3位タイには、竹山佳林と福山恵梨が入った。(天候:雨時々曇り 気温:24.0℃ 風速:3.4m/s)

 「すごく長い1日でした。何時間待ちましたかね、私(笑)」と、7時半に第1組目でスタートしていった豊永志帆。「昨日、15番までパーだったんですけど、上がり3ホールで2つスコアを落として、久しぶりに悔しくて泣きました。昨日、まったく入らなかったパットが、今日は入って流れが良くなった。18番は、カップも見えなくて10m以上あったんですけど、あれが入ってくれたので運も良かったんだと思います」。4連続バーディーを含む7バーディー、ノーボギー。自己ベストとなる65をマークし、通算5アンダーでフィニッシュした。

 「プレーオフは初めてで、もっともっと緊張すると思っていたけど、プレーオフの相手がプーマで契約が一緒の笑莉奈さんで、何回も回ったことがある選手だったので、逆に緊張が薄れました。だから、“楽しむしかない”と思って臨んだんですけど、グリーン上は手が震えましたね。今日のラウンドでは、私が好きなフックラインばっかりだったのに、プレーオフの3ホールは全部スライスライン(笑)。3連続スライスラインって試練だなって思いました。最後は、オーバーするぐらいしっかり打ちました。薄っすら上りのちょっとスライスラインでした」。18番ホールで行われたプレーオフ3ホール目で、4mのバーディーパットを決め、終止符を打った。

 「長かったですね、今日も、初優勝までも(笑)。レギュラーツアーでは厳しいけど、正直、ステップならと考えていた時期もありましたが、みんな上手いし、セッティングも難しいので、何回も心が折れそうになりました。もう何回か折れてたかな(笑)。本当にうれしいの一言に尽きます。今日の65もエンジン全開で、自信につながりました(笑)。プレーオフを経験して、緊張した中で初優勝が出来て良かったです。また、次回優勝争いするときも今回のことを思い出してやりたい。早くステップでも2勝、3勝して、いろんな方々に恩返しがしたい。もちろんレギュラーでも活躍したいです」。初優勝と自己ベスト更新で自信をつけた豊永が、来週、トップ10にも入ったことのある北海道meijiカップに新たな気持ちで挑戦する。

【大会公式ホームページはコチラ】

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA公式 facebookページ