ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.7.29

岡山絵里、イボミに学び実践中

<Photo:Masterpress/Getty Images>

大東建託・いい部屋ネットレディス 鳴沢ゴルフ倶楽部(山梨県)3日目

 イボミ流でリベンジ。昨年2位の岡山絵里が新境地を切り開こうと必死だ。「うまくなれる気がする」。しみじみと語るのは、イの専属キャディー、清水重憲さんと2度目のコンビを組んだからだ。前回、ニッポンハムレディスクラシックでは予選落ちだったが再び、岡山からのラブコールで実現。すべてが金言だという。「前回は、ただアドバイスを聞いていただけでした。だから、今回はそれをどう生かしているか。間近で見てほしかった」。

 なるほど、少しだけ、アドバイスはするものの、「パッティングのラインなどは一切、読まない。聞いてくれば、それを伝えるだけです」と清水さんは話す。この日、印象に残ったひとことを岡山に聞いてみた。「無意味に緊張するな-です。まだ、勝負の場面ではないにもかかわらず、私が緊張していたから。ありがたいです。何か、吹っ切れたような気持ちがしました」。

 4バーディー、ノーボギーのラウンドは、ちょっとした違いだった。一方で、イのプロフェッショナル信条を数多く耳に。「優勝争いをしているから、練習時間を長くとることは良くない」、「ラウンド中、トイレに行きたくなった際のタイミング」、「ゴルフだけではなく、普段の生活のルーティンを変えないこと」など、次々に飛び出してくる。加えて、こんなことも。「第1日、ピンポジションを考えず、ティーショットを打ったら、清水さんから注意を受けた。ささいなことでも、最後に響く。第2日以降は、しっかりとできました」と話している。

 プロテストに合格してから2年が経った。「技術的なことをいえば、スイングが安定し、調子が悪くてもリカバリーがよくできている」と語ったが、自身の評価については、「最終日が終わってからにしてください」と力を込める。首位とは5打差。「脳をフル回転させます」と楽しそうだった。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ