ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.9.25

大会1日目 コメント集

フンドーキンレディース 臼杵カントリークラブ(大分県)1日目

権藤 可恋 (2位:-5)
「今日はフェアウェイを外したのが1回しかなかったですし、ショットも3回くらいしかグリーンを外してなかったので、ピンチらしいピンチもなかったです。いつもは序盤に良いプレーをしていても、そこから先が崩れるということが多かったけど、今日は久々に最後まで良いプレーをすることが出来ました。ショットの調子もずっと良いわけではないと思いますし、まだ36ホールもあるので何とも言えないですが、その時その時の自分が出来る最大限のプレーが出来ればと思います」

青山 加織 (3位タイ:-4)
「今日は特にピンチもなく、安定したプレーが出来たと思います。短めのバーディーパットが外れたところもありましたが、長いのが入ってくれたところもあったので、それでチャラかなと(笑)。まずは明日も欲をかかずに今日と同じようにプレーして、伸ばすことが出来れば最高ですけど、勝負は最終日ですね」

豊永 志帆 (3位タイ:-4)
「今日はみんなプレーも早くて、回りやすかった。14番で8mが入ったり、16番も4~5mが入ったりと、ロングパットやミドルパットが決まった。山陽新聞レディースカップのラウンド後に、スカイAの解説で来ていた下村樹美さんにパッティングを結構長いこと見てもらったら、そこから良くなった。高校の先輩で同期なので、昔から良くしてもらっています」

ウェイ ユンジェ (3位タイ:-4)
「前半はパットのラインを読み過ぎていた。後半は読みを少なめで見たら、バーディーが入るようになった。後半はショットもほとんどピン方向に行っていたし、ミスもリカバリー出来ていたので、流れは良かったと思う。明日も自分のゴルフに集中して、リズム良くプレーしたい」

辻岡 愛理 (23位タイ:-1)5番ホールでホールインワン達成
「カップインするところは見えました。消えましたね(笑)。ユーティリティの3番で打ったんですけど、“やったー!”って感じでしたね。後ろの組の人もいたので、みんなでハイタッチしました(笑)。LPGAの試合では初めてです。賞金の20万円は、遠征費とかで消えちゃうと思うけど、本当にありがたいです」

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ