ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.9.30

18歳の畑岡奈紗に貫禄漂う!連覇に向け単独首位に

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

 日本ゴルフ協会(JGA)主催の2017年度LPGAツアー公式戦『日本女子オープンゴルフ選手権競技』(賞金総額1億4,000万円、優勝賞金2,800万円)の大会3日目が千葉県我孫子市の我孫子ゴルフ倶楽部(6,706ヤード/パー72)で行われた。早朝より第2ラウンドの残りのプレーが行われ、通算2オーバーまでの69名の選手が決勝ラウンドへと進んだ。(天候:晴れ 気温:22.0℃ 風速:1.5m/s)

 10時20分よりスタートした第3ラウンド。18歳の畑岡奈紗が圧巻のプレーを見せた。スタート直後の1番ホールからいきなり3連続バーディーを奪うと前半のあがり2ホールも連続バーディーとした。後半はチャンスホールで獲ることができなかったと悔しさを滲ませたが、それでも通算13アンダー(203ストローク)は54ホールでの大会最少スコアの記録を更新。2位以下に2打差をつけて単独首位へと浮上し、大会連覇と2週連続優勝に王手をかけた。

「今日は15アンダーを目指してプレーしていました。この3日間はドライバーを思い切って振り抜けているのが安定している要因かと。(2位以下との)2打差はあって無いようなものだと思っています。1日1日きっちりと目標は設定しているのですが、特に優勝争いをしている時は相手のスコアに意識がいきやすいと思うので、明日も自分の目標に向かってしっかりプレーしたいと思います」。

 今年参戦した米ツアーでは思うようなゴルフができずに苦しい時間を過ごした。しかし、その経験があったからこそ現状があるのだと自己分析もきっちりできている。追いかけられるよりも追いかける方がどちらかと言えば好きだという畑岡だが、今の心技体のバランスであれば、このままあっさりと逃げ切ってしまう可能性も大いにある。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter