ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.10.15

ルーキーの吉本ひかるがプロ入り後ステップアップツアー初優勝!

<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

 2017年LPGAステップ・アップ・ツアー第20戦『日台交流うどん県レディースゴルフトーナメント』(賞金総額2,000万円、優勝賞金360万円)の大会最終日が、香川県仲多度郡の満濃ヒルズカントリークラブ(6,354ヤード/パー72)で行われた。ルーキーの吉本ひかるがこの日69をマークし、通算8アンダーでプロ入り後初となるステップアップツアーでの優勝を飾った。通算5アンダーの2位に豊永志帆、3位タイに木村彩子とルーキーの新垣比菜が入った。(天候:雨 気温:17.5℃ 風速:2.3m/s)

 「素直にうれしいです」と、にこやかな表情で話し始めた吉本 ひかる。2番で2m、3番では6m、4番では1mと序盤で3連続バーディーを奪ったが、「まだ4ホールしか終わってないし、落ち着こう。天気も良くなかったし、しっかりとパーを取ろう」と浮足立つことなく5番からもパーを重ねた。9番では「長かったですね」と8mのバーディーパットを沈め、通算9アンダーまでスコアを伸ばした。「初日の18番ホールでダブルボギーを叩いたので、後半も1打1打集中してプレーしました。優勝は意識してなかったですね。18番ティーで見たくないなと思ったけど、速報ボードを見たら差が開いていたので、そこでちょっと気持ちがラクになりました」。後半から雨風が強くなり、13番、17番とスコアを落としたが、18番は3mを決め見事バーディーフィニッシュ。アマチュア時に出場した昨年のルートインカップ上田丸子グランヴィリオレディース以来となるステップアップツアー2勝目を飾った。

 「去年優勝したんですよね、私。もうだいぶ遠く感じます。3年ぐらい前な感じ(笑)」と吉本が話すように、去年の優勝からは、内容の濃い1年を過ごしてきた。「やっぱりプロテストに合格したのが、一番の自信につながりましたね。プロテスト合格後の北海道meijiカップで7位と上位フィニッシュ出来たのも大きかった。去年から走り込みやダッシュなどトレーニングを積んで体力がついたので、連戦しても崩れなくなったことが一番の成長ですかね。先週のスタンレーレディスゴルフトーナメントでも自分のパッティングのクセに気付いて、今週それがしっかり修正出来たので、パットもしっかり決められた」。アマチュア時代からの自身の成長を感じ、プロテスト合格後のステップアップツアーに出場した3試合でも4位、3位、優勝と安定した成績を残している。

 来週は、京都レディースオープンに出場する吉本。「尊敬する堀琴音先輩が勝った試合ですし、琴音さんもプロテストに合格してからスグ活躍して、いまはレギュラーツアーでも活躍しているので、私も先輩に続きたいですね。コースも悪いイメージはないですし、2週連続優勝を目指して頑張りたい」と、ルーキーながら抜群の安定感を誇る吉本が、ステップアップツアー最終戦に臨む。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ