ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.11.23

ハヌル、よもやの失速 4位T発進

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 宮崎カントリークラブ(宮崎県)1日目

 連覇に加え、逆転の賞金女王。キムハヌルが今週、繰り返しているのは、「あきらめずに頑張ります」だった。宮崎への移動の際にも、自分を鼓舞するかのように、日本語で呪文のようにブツブツと…。それだけに、この日の内容にはガックリと肩を落とした気持ちがわかる。同組の鈴木愛へ、一時は6打差をつけていた。しかし、ホールアウトしてみれば、わずか1ストロークの小差に。「とても残念です。9番でバーディーチャンスを決められなかったこと。それから、11番の第3打でコントロールミスをしたら、流れが変わった。パー5が4ホールもあって、そこで計1オーバーはいただけない」と猛省する。

 とはいえ、まだ1日目が終わったばかり。ものは考えようである。「コースの攻略法をもう1度、練り直す。きょうはすごく悔しい。だけど、残りはまだ3日間あります。それを考えれば、いいポジションだと思う」。コースへは日本各地、そして韓国からも、ファンが応援に駆け付けた。とりわけ、韓国のファンは、『スマイルクイーン キムハヌル』と文字をあしらったカチューシャを装着。さらに、キムハヌルのフェイスペインティングまであしらって熱烈声援をおくり続けたのが印象的だ。

 「笑顔を浮かべれば、元気と勇気がわいてくる」。クラブハウスを後にするキムは、スマイルクイーンの意味をかみしめた。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ