ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2007.6.2

リゾートトラストレディス 第2日目

 LPGAツアー第11戦『リゾートトラストレディス』(賞金総額7,000万円・優勝賞金1,260万円)の第2ラウンドが福島県西白河郡のグランディ那須白河ゴルフクラブ(6,502Yards、Par72)で行われた。

 天気は昨日の不安定な天気とは一転して快晴となり、絶好のコンディションの中でのラウンドとなった。そんな中、2日目トップに立ったのはトータル7アンダーで上田 桃子。2位にはトータル5アンダーの横峯 さくら、3位にはトータル4アンダーの不動 裕理が続いている。昨日、3オーバー48位タイでスタートした大山は66と大きくスコアを伸ばし、4位タイまで順位を上げた。

 2位タイでスタートした上田。5バーディー1ボギー68と今日も順調にスコアを伸ばし首位に立った。「(最後の4ホールが)はい、もったいないですね。今日は短いパットがなかなか入りませんでした。今日はショットも良かったし、パットも14番まで良かったし、いい流れできたんですけど・・・上がりでこれだけはずすと・・・明日は不動さんと横峯さんなのでもう少し差をつけたいところでした」と悔やんだ。「明日は勢いのあるふたりだし私も勢いあるのでノーボギーとパター数を30以下にすることだけを考えていきたいです。スコアは気にせず、あまり優勝も意識せず自分のプレーをして結果優勝できたらうれしいです」と今季2勝目に向けて気合いを入れた。

2位 横峯さくら(6バーディー1ボギー)
「(今日は)5アンダーなのでとても良かったです。ショットが良かったのでピンをデットに狙いました。(パットは)後半よく入りました。このコースは下りが多いんですけどタッチが出たので良かったです。でもあまり意識せずしっかり狙いました。明日も少しでもスコアを伸ばせるようにがんばります。まずティーショットをフェアウェイにおいたら攻めていきたいですけど、メリハリをつけてやれればと思います」。

3位 不動裕理(6バーディー3ボギー)
「今日も先に2つボギーが来たので、60台で回れて良かったです。(パットの感触は)3パットしてから良くなりました。危機感がでたのか集中力が増しました。(明日は)若いふたりを静かに見守っていきます。先にバーディーチャンスにつけられるかとボギーの数をどれだけ減らせるかがポイントだと思います。最低5打は伸ばしたいですね」。

4位タイ 大山志保(8バーディー2ボギー)
「今日は朝のティーグラウンドで65を出すぞと言いまくって・・・久しぶりに気持ちの良いラウンドでした。昨日の夜からなんだかわくわくして・・・気持ちの面でも前向きになれたのが良かったと思います。明日も自分のベストプレーを心がけたいと思います」。


[予選通過]147ストローク(+3) 45位タイまで50名(プロ49名/アマ1名)


服部道子が腹痛のため、高又順が右肩痛のため棄権した。

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter