ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.4.27

3本のパターで躍進中 蛭田みな美が単独首位

 2018年LPGAステップ・アップ・ツアー第4戦『九州みらい建設グループレディースゴルフトーナメント』(賞金総額2,000万円、優勝賞金360万円)大会第2日が27日、佐賀県武雄市・武雄ゴルフ倶楽部(6,255ヤード、パー72)で行われた。プロ入り3年目の蛭田みな美が70とスコアを伸ばし、通算6アンダーで首位。2打差の2位タイは香妻琴乃、坂下莉翔子が続く。(天候:曇りのち晴れ 気温:21.2℃ 風速:3.6m/s)

 好調のパッティングで、首位をキープ。スタートから5メートルのバーディーパットを沈めた蛭田 みな美。2番はボギーとしたが、「今日もパッティングが決まってくれる」と自らを奮い立たせる。続く3番で4メートル、8番では1.5メートルを決め、前半で単独首位に立つ。「後半は風が出てきて難しかった。2打差があったけど、風が気になり、順位を気にしている余裕などありません」。終わってみれば、2位に2打差をつけていた。

 そして、こんなエピソードを口にする。「プロアマ大会でご一緒した、ゲストのお1人がコースのメンバーさん。『このホールは、芝目が強い』、『18番のセカンドは、右サイドから打った方がいい』。そんなふうにいろいろと、教えてくださいました。でも、きょうの18番は、ボールが左へ行っちゃったけど…」。また、今年からパターを3本用意して、「コンディションによって使い分けている」という。「ミーリングが異なるピンタイプ2本、マレットタイプ。今回はマレットを使っている。構えやすいかどうかを試合の朝、決めることもあります」と話した。余談だが、インスピレーションで当日に、使用パターを決定するルーティンは、昨年の賞金女王・鈴木愛が今季から始めている。

 アマチュア時の2016年、ステップ・アップ・ツアーで2度プレーオフに敗れた。さらに、同年。プロテスト合格後、うどん県レディース金陵杯でも、第1日首位スタートから優勝を逃した。「最終日は、特に攻める気持ちが大事。あすも攻めを忘れずにプレーしたい。今年は、どの試合でも勝つことだけが目標。LPGAツアーの主催者推薦選考会を突破して、リランキングも狙っています。来年ではなく今年、LPGAツアーへ戻りたい。もちろん、あすも優勝したいです」。柔和な表情とは対照的に、強い意志を感じる。有言実行だ。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ