ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2018.4.28

アドレナリンと集中力 新垣比菜、Vへ急接近

<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

 LPGAツアー第9戦『サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント』(賞金総額8,000万円、優勝賞金1,440万円)大会2日目が28日、静岡県三島市・グランフィールズカントリークラブ(6,515ヤード・パー72)で行われた。この日も好調なプレーを披露したのは、新垣比菜。7バーディー、1ボギーの66をマークし、通算11アンダーでプロ初優勝を目指す。3打差の通算8アンダーは永井花奈。そして、前日から一変した内容で、通算7アンダー、3位タイに浮上した鈴木愛が、柏原明日架とともに逆転を狙う。(天候:晴れ 気温:22.9℃ 風速:4.4m/s)

 未知との遭遇だった。新垣比菜は序盤から好調なショット、パッティングで前半、5バーディー、ノーボギーと完ぺきな内容。しかし、後半へ入ると、異変に気がつく。「ホールを追うごとに、だんだん、カメラマンの方が増えてきて…。私は、緊張してくると、上体がこわばって、ミスショットが出る」。ティーグラウンドや、移動の間など、両手を肩に置き、ぐるぐると肩甲骨をほぐす様が印象的だった。

 現在、スポットを浴びるゴールデンエイジ。知名度や実績では、勝みなみに次ぐ存在だ。この世代、誰がプロとして、最初にLPGAツアーを制するか。2位以下に3打差をつけ、最終日、最終組で迎える新垣は、この日、驚くような体験があった。15番、残り102ヤードの第2打は48度を選択。「普段は、100ヤードが限界です。迷いなく、このクラブで行きました。でも、グリーン奥のバンカーへ…。10ヤード以上、オーバーです。なぜだろう。アドレナリンが出た、そういうことかなぁ」という結論だった。

 とはいえ、バンカーを見ると、第3打は目玉の状況。「絶対に、ボギーだと思った。ピンまで距離が15-20ヤード。フェースを閉じる感じで打ちました。うまく、ピンに当たってくれて助かった」と、素晴らしいパーセーブを披露した。これまた、かつてない集中力を発揮した賜物だろう。

 さて、明日は2日連続の最終組。ただし、脳裏をよぎるのは昨年12月のLPGA新人戦加賀電子カップだ。2位以下に4打差をつけながら、最終日に崩れた。「確かに、優勝は意識しています。でも、最近はプレッシャーに弱いのかなぁ、と思ってもいる。新人戦はけっこうな差があっても、ひっくり返されてしまった。それを考えると怖い」とうつむく。が、恐怖を払しょくする方法がある。

 「攻めることです。この2日間、攻めのスタイルで行ったら良い結果でした。明日もこれで行きます」といい、「天気が良さそうですね。集中力を切らさないため、水分をしっかり取る」とアスリートの基本を言葉にする。絶好のチャンス。今度は逃すわけにはいかない。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter